Loading...

ユニリーバ社が取り組んでいる「太陽光発電プログラム」でのITサービス一元管理プロジェクトにおいて、マイクロソフト社がパートナー企業としてまず名前を挙げたのが、アバナードでした。

ユニリーバの太陽光発電プログラムの目的は主に4つ。エネルギー効率の改善、コスト削減、プライベート・クラウド・プラットフォームへの移行、「グリーンITイニシアティブ」と「サステナブル・リビング・プラン」に基づく、地球環境に与える負荷低減の4つです。

アバナードはこの分野での実績を活かし、ITサービスを一元管理するプロセスとテクノロジーをスピーディーに展開しました。プロジェクトでは、マイクロソフトテクノロジーを駆使し、さらにアバナード独自の次世代データセンターを活用しています。サーバー・マイグレーションの第一段階が非常にスムーズに進んだため、作業開始から6カ月後にはユニリーバが自社でこのプロセスを引き継ぐことができるようになりました。

マイクロソフトやユニリーバとの緊密なパートナーシップにより、アバナードは「太陽光発電プログラム」の目的をすべて達成することができました。このプロジェクトは見事な成功を収め、「太陽光発電プログラム」は翌年のユニリーバのITアワードで「ITサステナビリティ賞」を受賞しています。

"マイクロソフトやユニリーバとの緊密なパートナーシップにより、アバナードは「太陽光発電プログラム」の目的をすべて達成することができました。"

Avanade




アンケートにご協力ください

回答する
閉じる
Modal window
Contract
このページをシェア