Loading...

ヨーロッパの介護業者が、増加する慢性疾病患者を管理する仮想ソリューションを構築

ビジネスの状況

平均寿命が延びるとともに、慢性疾病患者の数が増加しています。 アバナードのお客様である、200万人を超える患者にサービスを提供するヨーロッパの公共介護業者は、患者を観察・介護し、患者とコミュニケーションをとり、病院での面会の代わりとなる、革新的かつ費用対効果の高い方法を模索していました。同社は、「テレケア」を通じて患者と仮想的・体系的にコミュニケーションがとれれば、患者に安全と平穏をもたらすだけでなく、患者のケア全体および生活の質も向上できると確信していました。また、問題や急病を早期に発見できれば、治療介入と入院の費用も減らせると予測していました。

ソリューション

アクセンチュアとアバナードは、慢性疾病患者を仮想的に治療する、身ぶりで制御可能なナチュラルインターフェイスを備えたソリューションをカスタム設計し、開発しました。Microsoft Kinect Telecare(TeKi)ソリューションが、患者を観察するための医療機器と接続され、顔認識と音声認識により患者を識別し、運動と可動範囲の観察のために、3Dの身体動作を追跡します。また、患者の観察のために医療機器を接続することもできます。

成果

このソリューションによって、医療従事者は毎日次のことを行えます。

  • ビデオ会議、ボイスメッセージ、テキストメッセージを使って患者と直接または間接的にコミュニケーションをとり、状態を診察したり、指導したり、セルフケアや健康的な習慣の情報を提供したりする
  • 臨床データや簡単な質問に対する患者の回答から、毎日患者を観察し、患者の情報を得る。運動に関して、視覚的または音声による指導を行い、3Dの動作検出によって正しく運動が行われていることを確認する。予約の警告やリマインダーを送る
  • 急病や緊急事態に対処する。また、このシステムでは、医療機器からの値や治療計画に対する患者の進捗に基づき、メッセージやアラームを生成することもできる
  • 患者の自宅に設置するソリューションは、Microsoft Kinectデバイス、健康測定キット一式、セキュリティで保護されたインターネット接続、視覚ディスプレイ(通常はテレビ)で構成されていおり、これらすべてが中央処理装置に接続され、患者との対話を実現。その他のデバイスや付属品を使用する必要はなく、医療従事者は関連する管理コンソールを使って、自宅にいる患者から受け取った情報に基づき、治療計画を立てることができる
  • このシステムは、より広範な慢性疾病患者管理プラットフォームとヘルスケア情報システムに統合される予定

ヨーロッパの公共介護業者

ヨーロッパの公共介護業者 説明資料

関連する事例

お問い合わせ

貴社でどのようなお悩みがあるか、まずはお聞かせください。お悩みを解決する最適なソリューションをご提案いたします。

お問い合わせフォーム
閉じる
Modal window
Contract
このページをシェア