Loading...

グループ社員11万人の協働基盤が、ソリューションビジネスを加速。

現状

富士通では、グループ規模の拡大により、グループ各社、各事業部門の連携に課題を抱えていました。業務は期待したスピードでは進まず、組織の壁がメンバー間のスムーズな協働を阻んでいました。また、メール中心の限られたコミュニケーション手段では、事業活動を通じて得られたノウハウを共有したり、専門家をグループ全体で活用したりすることが難しくなっていました。結果として、従来の会社単位での提案活動・プロジェクト実施から、グループの総合力を結集したトータルソリューション提供への進化がなかなか進まない、という悩みを抱えていたのです。

ソリューション

企業内SNSの導入に際して同社は、その導入実績、方法論、マイクロソフトテクノロジーの知見という3つの観点から、アバナードをプロジェクトパートナーに選定しました。アバナードは、大規模な連携実績に加え、SharePointの複数のバージョンに対応できるという高い連携性と、コミュニケーションを誘発する柔軟性を持つ、Sitrion Social Siteを提案しました。

結果

協働作業は、会社を横断して作られる案件別コミュニティで行われるようになり、グループ各社の強みを生かした提案の組み立てができるようになりました。社外からも標準PC・モバイル端末でアクセスできるようになり、情報活用が促進され、プロジェクトの実施段階でも迅速に情報を共有して、メンバーの協働作業がよりスムーズになりました。この企業内SNSは、導入から1年たたずに、トータルソリューションビジネスを支える上で不可欠な基盤の一つとなっています。富士通グループ各社がワンチームとして動く文化が醸成されつつあり、これまでになかったイノベーションが生まれることも期待できます。

2015年度には海外も含めたグループ17万人全員へ、企業内SNSを含むコミュニケーション基盤の展開を完了させる計画です。

富士通

富士通事例ダウンロード

関連する事例

お問い合わせ

貴社でどのようなお悩みがあるか、まずはお聞かせください。お悩みを解決する最適なソリューションをご提案いたします。

お問い合わせフォーム
閉じる
Modal window
Contract
このページをシェア