Loading...

マネージドサービスを導入してダウンタイムを減らし、5年間で6030万ドルのコスト削減

現状

総合エネルギー企業のトレーディング部門にとって、サービスの中断を最小限に抑え、主要なプラットフォームやアプリケーションの安定性を維持することは、ますます重要になっています。
トレーディング部門では、厳しい時間的制約のもと、大量の取引をこなせるプラットフォームとアプリケーションを、最高レベルの可用性と安定性で乗り切るITサービスが求められます。この実現と、コスト削減のため、あるグローバルエネルギー企業のトレーディング部門は、トレーディングプラットフォームのITサポート管理をアバナードに依頼しました。
アバナードによるマネージドサービスによって、トレーディングプラットフォームを支えるITサービスの品質が明らかに向上しました。これにより、主要なシステムやアプリケーションに大きな影響を与えるシステムダウンの発生率が低下し、1回のダウン時間も短縮しています。その結果、ダウンタイム中に逃していたビジネス機会を得られるようになりました。同部門は、アバナードが提供する深く幅広い経験とスキルを駆使し、プラットフォームの安定性と可用性を向上させることができました。アプリケーションやテクノロジーの展開は、ITスタッフや契約社員が増えていないにもかかわらず、時間を短縮して実施できるようになりました。

ソリューション

アバナードのアプリケーションマネージドサービスに移行する以前は、トレーディング部門はITチームを増員・拡大していくことによって、増大するアプリケーション管理に対応していました。そのような中、アプリケーション管理のアウトソージングにおける潜在的な価値を十分に理解した、新たなITマネージャーによって、戦略の転換が図られたのです。
そのITマネージャーは、チームのパフォーマンスを改善するためにマネージドサービスプロバイダーを探した理由をこのように語っています。「私たちの新しい戦略は、マネージドサービスを利用してITサービスの品質を改善し、特に新たなテクノロジーを導入することでビジネスの俊敏性を高めることでした」

結果

増収につながるメリット

  • 5年間で6030万ドルのコスト削減
  • 358%のROI
  • 8.4カ月で資本回収
その他のメリット
  • ダウンタイムの発生率が50%減少
  • ダウンタイム解消に要する平均修復時間を60%短縮
  • 社内ITスタッフや契約社員の大幅な増員を回避
  • ダウンタイム減少によるビジネス機会の損失が減り、収益が増加

グローバルエネルギー企業

グローバルエネルギー企業事例ダウンロード

関連する事例

閉じる
Modal window
Contract
このページをシェア