アバナードとの革新と連携がヘッセン州の学校管理に有効なITサービスを実現

プロジェクトの背景

ヘッセン州の学校は、LUSDデータベース・アプリケーション・ツールの搭載で、手間のかかる日々の管理業務から解放されました。しかし、関係者は将来の発展に向けて、この管理業務のより高い俊敏性と柔軟性の促進を求めていました。そこでアバナードとの連携により、ヘッセン州教育省(HKM)のDepartment Z.6は、マイクロソフトのTeam Foundation Server(TFS)を基盤とした迅速でわかりやすい、現代に合わせた最新のプロセスを確立しました。目標としては、実装時間の短縮、ユーザー満足度の向上、俊敏性や相互連携に対する現状からの転換等が含まれていました。

「アバナードとの連携には、あらゆる段階、あらゆる点で非常に感銘を受けました。いくつかがうまくいったという程度ではないのです。私たちは信頼をもって密接な関係を築くことができました。今は当社とアバナードは1チームだと考え、この体制こそが、この成果に繋がると思います。」

Dieter Schwarz氏 Department Z.6、ITアプリケーション・システム・オーナー

ソリューション

アバナードは、プロセスの枠組みとしてスクラム(SCRUM)を、俊敏なプロセスをサポートするのに理想的な選択肢としてTFSを特定しました。アバナードの専門知識と指導によって誘導し、望ましい「現状の転換」をプロセス側で実現する必要がありました。これはつまり、改善、変更および関連試験、安定化、承認手順といった大々的なプロセス稼働の従来の手法(1年に2回のみ実施)を中止して、短期間で小規模の複数のサイクルに置き換えることに挑みました。このアプローチに含まれる「スプリント」には、試験および開発の継続的なプロセスが伴います。

プロジェクトの成果

従来よりも迅速な改善対応が可能となったことにより、ユーザーはその恩恵を受け、ヘッセン州は必要としていた俊敏かつ安定したソリューションを、強力なプロセス/アプリケーション・ライフサイクル・マネージメントに基づき、専門的なツールに支えられた形で手に入れることができました。 プロジェクトの成果についてはこちらからご覧ください。

透明性の向上中央のツールを基盤とした総合的プロセスおよびアプリケーション・ライフサイクル・マネージメントにより、関与するスタッフに最大の透明性を提供します。

リリース・サイクルの短縮TFSとスクラムは、改善や変更要求を迅速に実装する基盤として、計画、開発、試験、配信に関する最適なサポートを提供し、ユーザー満足度を向上させます。

品質の向上定義済みプロセス、徹底的な品質管理の統合、試験済みのツールが、高品質を保証します。 
お客様事例
ヘッセン州

事例紹介全文を読む

関連する事例

お問い合わせ

貴社でどのようなお悩みがあるか、まずはお聞かせください。お悩みを解決する最適なソリューションをご提案いたします。

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア