Loading...

世界8カ国80以上の拠点にいる24,000人の従業員の作業環境を刷新し、コラボレーションを強化。

ビジネスの状況

フィンランドに本拠を置く製材・木材の総合林産企業、UPM社は、持続可能性と革新性を重視する「Biofore(バイオ産業とフォレスト産業の専門性と技術を融合した新分野)」会社になるため、戦略の方向性を改めました。これを実現するには、従業員がより効果的かつ効率的に情報を共有し、コラボレーションできるツールが必要でした。ところが、UPM社の既存のエンドユーザーテクノロジーは古く、断片化していました。これに対応するため、UPM社は、マイクロソフトのソフトウェアをベースとした統合プラットフォームを導入し、新たな作業方法を社内に導入することにしました。

"電子作業環境は完全に刷新されました。今は共通ツール、アプリケーション、プロセス、最新機能がそろった統合プラットフォームがあります。この環境で情報やアイディアを、組織の枠を超えてより効率的に検索したり共有したりでき、よりスマートに働けるようになりました。"

Philippe Brikké UPM社、戦略プロジェクト担当ディレクター

ソリューション

UPM社は、「Workspace」という取り組みの中で、アクセンチュアとアバナードとの提携関係を結びました。この取り組みは、次の4つの活動フェーズで構成されています。

  • Windows 7およびMicrosoft Office 2010搭載のワークステーション13,000台以上を配備する。
  • 新たに2つのUPMのお客様対応用Webサイトと30近くのイントラネットサイトを構築する(Microsoft SharePoint 2010をベースとする)。
  • 新規の電子メールおよびコミュニケーション ツール(Microsoft Outlook 2010、Microsoft Office Communicator、Lyncなど)を導入し、マイクロソフトクラウドサービス経由で提供する。
  • SharePointを活用したコラボレーションサイトを実装する。
UPM社とアクセンチュアが緊密にコラボレーションすることが重要なので、プログラム全体を監督する共同の管理構造を導入しました。さらに、変更管理を強化したことで、契約の締結や仕入れに役立ちました。このほか、アクセンチュアはUPM社の全従業員24,000名に向けてトレーニングを開発し、8か国語で80以上の拠点に提供しました。​

成果

16か月におよぶ積極的な実装スケジュールの結果、UPM社のWorkspacプログラムはスケジュールどおりに予算以内で完了することができました。今回の取り組みはUPM社に大きな変化をもたらしましたが、同社の従業員への影響は最小限に抑えられました。たとえば、ワークステーション13,000台がわずか5か月で5大陸に展開されました。各ワークステーションの交換時間は平均45分以内でした。

UPM社の新しい統合プラットフォームには、最新機能と共通ツール、アプリケーション、そしてプロセスが組み込まれており、従業員は情報やアイデアをこれまでよりも簡単に検索し、共有できるようになりました。この新たな作業方法は、UPM社のコアバリュー確立と高いパフォーマンス獲得に向けた、同社の戦略にとって不可欠です。

UPM

UPM事例ダウンロード

UPM

UPM説明資料ダウンロード

関連する事例

ソリューション

私たちが提供するサービスと、そのサービスがもたらすビジョンをご覧ください。

詳細はこちら
アイデア

深い見識が貴社のビジネスをより迅速に、有益に、そしてより良くするサポートをします。

詳細はこちら
アバナードについて

革新的なデジタル・サービス、ビジネス・ソリューション、デザイン主導のエクスペリエンスをお客様に提供します。

詳細はこちら
キャリア

アバナードでキャリアをスタートさせませんか?

詳細はこちら
メディアセンター

アバナードの最新情報はこちらからご覧いただけます。

詳細はこちら

次のステップ

顧客が思いもしなかった魅力的な方法で対処できるようにするため、アバナードがどのようにしてお手伝いするかをご説明します。

お問い合わせ
閉じる
Modal window
Contract
このページをシェア