Loading...

アバナード、マサチューセッツ工科大学(MIT)情報システム研究センター(CISR)に参加 市場を先取りする洞察力と専門知識をお客様にもたらす

複数年出資により、企業がデジタルワーカーを取り入れ、新しいAIファーストの世界への対応を高められるサポートが可能に。

2017年11月14日 ― シアトル

人工知能(AI)などの先端技術の出現によって、労働力のあり方に変化が生じています。そうした現代社会を背景に、未来を見据えた人材育成を加速化する組織を支援するため、 アバナードはマサチューセッツ工科大学(MIT)情報システム研究センター(CISR)の後援者として名乗りを上げました。

最近の研究では、カスタマー・エクスペリエンスに重点を置いたデジタル改革の拡がりが認識されています。しかし、それ以上に、組織は従業員のデジタル・エクスペリエンスに注力するとともに、新たなAIファーストの世界に向けて、デジタルワーカーの実現を成長戦略の中心に置く計画を始めなければならない、という差し迫った課題も浮き彫りにされています。アバナードが行った企業幹部を対象に行った調査では、企業が2020年以降の市場においても変わらぬ存在感を保つためには、ヒトが持つ労働力の生産性を高めるためにデジタルやAIテクノロジーの導入が不可欠であることが明らかになりました。

アバナードは、世界でも7社しかいないMIT CISRの後援者として、センターが持つリサーチ結果やリソースへ特別にアクセスできるようになることで、アドバイザリーサービスやデジタル改革ソリューションを通して、お客様が革新性を高め、デジタルワーカーを配備しながら現場の変化に対応できるように支援していきます。また、アバナードは、世界でも認知されたデジタル・ワークプレイスのリーダーとして、大手企業が自社の競合優位性を維持し、混乱を避けるために活用できる、デジタル改革や従業員エクスペリエンス戦略の成功を実証するMIT CISRリサーチと事例研究にも貢献しています。

アバナードCEOのアダム・ウォービーは、次のように述べています。「デジタル改革には360度全方位からのアプローチが必要です。外面をデジタル化する為には、内面もデジタル化しなければならないからです。データ主体のAIなどの先端テクノロジーは、私たちの働き方を根本から変えているのです。MIT CISRに参加することで、アバナードは、お客様に競合他社の一歩先を行くための洞察や能力をもたらすことができるようになるでしょう。つまり、両者が同時に、デジタル・ワークプレイスの差別化を図り、業界をリードするイノベーターとしての強力な地位を確立することができるのです。」

アバナードは、エアバス社デルタ航空社ヘンケル社GroupM社ウィリアムズ・マルティーニ・レーシング社など、世界数百社以上のお客様の従業員エクスペリエンスと顧客エクスペリエンス双方を最適化するイノベーション戦略の策定やデジタルツール/プロセスの導入を支援しています。アバナードのデジタル改革とヒトを中心に据えたイノベーションの知識は、デジタルビジネスデザインや、従業員エクスペリエンス、データと分析、コグニティブ・コンピューティングなど、MIT CISRが重点的に取り組んでいる分野と密接に関連しています。

MIT CISR会長兼シニアリサーチサイエンテストのピーター・ウエル氏は、次のように述べています。「MIT CISRの研究では、従業員エクスペリエンスにおいて上位4分の1を占める大手企業は、下位4分の1の企業と比較すると、2倍の革新性と25%高い収益性を実現することが明らかになっています1。 MITスローン経営大学院の情報システム研究センターは、アバナードの研究後援者としての申し出を大変喜ばしく思っています。」

アバナードについて

アバナードは、人材とマイクロソフト・エコシステムを活用し、革新的なデジタルおよびクラウド対応サービス、ビジネスソリューション、デザイン主体のエクスペリエンスを届けるトッププロバイダーです。当社の擁するプロフェッショナルなスタッフは、テクノロジー、ビジネス、業界の専門知識を組み合わせた大胆かつ新鮮な思考を武器に、顧客とエンドユーザーの改革と成長を推進しています。24ヶ国に30,000名のデジタルで繋がったスタッフを配備。多様性を尊重し、事業を運営するコミュニティを反映した協力的な企業文化を通して、顧客に「ベストシンキング」を提供しています。アクセンチュアが筆頭株主であり、2000年にアクセンチュアとマイクロソフトによって設立されました。詳細については、(https://www.avanade.com/ja-jp)ご覧ください。

PARTNER
MIT情報システム研究センター

デジタル変革と従業員エクスペリエンス戦略を実現

リサーチ
生産性の停滞を打開

インテリジェントな自動化システムは、労働力を変えていきます。貴社とその従業員にはどのような影響をもたらすでしょう?

お問い合わせ

お問い合わせ

アバナード株式会社
03-6234-0150
tokyo@avanade.com

本件に関する報道関係の
お問い合わせ先

株式会社ビーコミ
アバナード株式会社 広報担当 担当:加藤・石井 
03-6435-5593
pr[at]b-comi.co.jp ※[at]は@に替えてご連絡ください。

次へ

トレンドやソリューション、お客様の事例など、アバナードの最新情報をご確認ください。

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア