Loading...

DevOpsとアジャイルが秘める潜在性

長年使用してきた従来のソフトウェア開発手法を変更する企業が増加しています。

代わりに、DevOpsやアジャイルといった最新のソフトウェア開発手法を採用することで、急速に変化する市場と顧客に、迅速かつ効果的に対応しています。

アバナードが実施した調査によると、IT部門の上位意思決定者のうち89%が、デジタル化するビジネスで出現する新たな要件に対応するうえで、最新のソフトウェア開発手法が重要であるということに同意しています。

最新のソフトウェア開発手法に関するCIOの意見

多くのCIOが、既に自社でモダン・ソフトウェア開発を導入済み、もしくは、1年以内に導入予定と回答しています。また、導入のメリットとして、サービスの質の向上や、インシデントや問題の対応の向上、チェンジ・マネジメントの向上、などを見込んでいます。

DevOpsとアジャイルを活用したアバナードのサービス

people-talent-communities-iconプラットフォーム

アバナードが独自に提供しているモダン・エンジニアリング・プラットフォーム(MEP)は、私たちがソフトウェアを開発・管理する上で無くてはならない存在です。MEPは、オープン・ソースも含め、マイクロソフトやマイクロソフト・テクノロジー・エコシステムから入手可能な多くのツールを取り入れ、繋がった(コネクテッド)・エコシステム上でのリキッド・アプリケーションの開発や、保守、運用を目的とした、先進的なインテリジェント・プラットフォームです。

people-program-project-skills-iconアドバイザリー・サービス

DevOpsの採用や既存DevOpsプロセスの拡張を検討する場合、何から始めるか、また成果を得やすい箇所などを把握する必要があります。その答えは、企業のDevOps導入状況に左右されます。
大規模な導入や変更は時に困難なものですが、すべてのケースがそうとは限りません。アバナードはどのような状況においても、特にモダン・エンジニアリングの拡張面で多くのお客様を支援してきました。

アバナードのアドバイザリー・サービスは、最新の開発手法を取り入れることにより、貴社がどのようなメリットを得られるのか、貴社の状況を精査したうえで最適なソリューションをご提案いたします。

パンフレット
アバナードの最新のエンジニアリング・プラットフォーム

DevOpsとアジャイルでメリットを迅速に実現。

視点
最新のソフトウェア・エンジニアリングのメリット

適切なDevOpsが、デジタル変革のメリットを引き出します。

お客様の事例

最新のソフトウェア開発手法の導入をお手伝いした一例をご紹介します。

  • 多くの企業が、DevOpsの自動化によってSitecoreインスタンスの導入にかかる時間を75%短縮
  • ある公共医療サービス企業は、システム・モニタリングで100万個以上のメールボックスと35万件のSkype for Businessアカウントをモニターしています。
  • イギリスのある公益事業会社は、最初のリリースで75%の案件を自動化し、テストとQAで発生していた手作業のリソースを半分に削減しました。
  • Centrica社は、サービス管理によって、ダウンタイム・インシデントの発生回数を半分まで削減し、インシデントの解決時間も60%短縮しました。

アバナードのマネージド・サービスに関するIDC調査(2017年)

IDCの調査により、アバナードのマネージド・サービスによりクライアントのROIが433%向上したことが実証されました。(英語)

アジャイルが答え

柔軟で即応性と競争力を備えたビジネスの実現にはアジャイルが不可欠です。

GroupM社がデジタル改革でコストを約20%削減

GroupM社がデジタル改革でコストを約20%削減(英語.

AGL社のデジタルによる差別化事例

エネルギー企業が付加価値の高いデジタルな顧客体験を実現

お問い合わせ

最新のソフトウェア開発手法について、貴社に最適な導入方法をご提案させてください。詳細はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア