Loading...

すべての船を持ち上げる上げ潮

アバナードは2000年の創立以来、インクルージョン&ダイバーシティ(I&D)に関する計画的な目的主導の戦略を遂行してきました。これは、私たちが直面する「テクノロジー業界には女性が少ない」という課題に焦点を当てるところから始まりました。これに対処するには、問題の本質に対処必要がありました。そこで、アバナードは女学生や若い女性にSTEM(科学、テクノロジー、エンジニアリング、数学)の魅力を伝え、奨学金を提供し、プログラムを作成しました。

しかし、インクルージョン&ダイバーシティは、1つのグループや1つの課題に限られるものではありません。インクルージョンを実現するには、毎日、すべての人が、あらゆることに取り組む必要があります。この取り組みは、すべての船を持ち上げる上げ潮なのです。アバナードのインクルージョンの文化が、すべての人種、性別、宗教、性的指向、障害、年齢、宗教(すべての人々と、人生におけるすべての段階)を考慮に入れていなければ、それは不十分だと言えます。

2019年に、Pam Maynardはアバナード初の女性CEOというだけではなく、初めての有色人種である女性のCEOとなりました。彼女は、アバナードがすでに確立していたI&Dの基盤の上に、すべての人を関与させる包括的な戦略を築くことに情熱を注ぎました。2020年、このビジョンの促進をサポートする初めてのインクルージョン&ダイバーシティ最高責任者として、Hallam Sargeantがアバナードに入社しました。

I&Dを念頭に置いて行動

アバナードのI&Dフレームワークは以下の3つの概念に根差しています。

  • 包括性:すべての個人が、自分は尊敬され、話に耳を傾けてもらっており、最高の仕事を行えると感じられるようにする
  • 多様性:労働力の人口構成には顧客とコミュニティを反映させる
  • 相互信頼:すべての人が職場で真に自分らしく振る舞い、自分は歓迎され、尊重されていると感じられるようにする

これら3つの概念に最優先に対処するために、私たちは具体的かつ積極的な行動(包括的な文化の醸成、アライシップの始動、表明の増加、能力開発の促進、透明性のあるコミュニケーション、従業員ネットワークの強化)に投資しなければなりません。

アバナードでは、従業員の扱い方から、意思決定の方法、市場に提供するソリューションに至るまで、あらゆる行動をとる際に、インクルージョン&ダイバーシティを念頭に置いています。これは、日々慎重に実践すべき規範だと考えています。

ページをシェア