Loading...

アバナードが考える「責任ある製造」とは

しばしば環境、社会、ガバナンス (ESG) として捉えられる「責任ある製造」は、従来の環境やサステナビリティの概念を超えています。

アバナードは責任あるビジネスとして、ESGベースのフレームワークを使用する製造ソリューションを提供し、環境持続可能性にとどまらない「責任ある製造」に向けた総合的アプローチへと、取り組みを拡大しています。

環境:レジリエンス強化を推進

サステナビリティを重視する製造ソリューションによって、循環型ビジネスモデルの強化、非効率的なオペレーションのモダナイゼーション、変化し続けるサプライチェーンへの対応、サステナブルな商品やサービスのレジリエントな生産の加速が進んでいます。

製造業者からの主な質問

  • 製造業者として環境への取り組みを強化するには、何から始めて、何をする必要があるか
  • 資産管理から生産までのオペレーションをモダナイズし、レジリエントで持続可能な環境にやさしい企業になるために、どのようなソリューションを利用できるか
  • 新しい技術に投資した場合に、環境貢献度をどのように追跡および測定すればよいか、また具体的にビジネスにどのような成果がもたらされるか
  • 生産を最適化するために、新しいデータソリューションやAIディープラーニング ソリューションをどのように導入すればよいか
  • ネットゼロ ソリューションとレジリエントなオペレーションのモダナイゼーションは、どのような時間軸で進めればよいか

75%ものCEOが、サステナビリティの課題に対応するためにデジタルに投資していると述べています。

より環境にやさしく

社会:人材を活かして変革を推進

製造業において必要な生産能力と快適な作業環境を整え、優秀な作業者を確保して今日の消費者ニーズに応えていくには、デジタルスキルと職場の安全性を向上させ、エシカルな働き方を実現する必要があります。

製造業者からの主な質問

  • 従業員のウェルビーイングとエンゲージメントを高めるには、どのような先進技術が役立つか
  • 職場と従業員をポジティブに変化させるには、どのようなKPIが必要か
  • より責任ある企業となって最適なリソースを確保するには、どのような主要テクノロジーに投資すればよいか
  • 現場作業者から経営陣、さらにパートナーやサプライヤーとの連携を強化するために、どのようなソリューションを利用できるか
  • AIベースの新技術を使用する場合に、どのようにして倫理基準や公正さを維持すればよいか

製造業者に対するサポート

ガバナンス:コンプライアンスを大規模に展開するにはアジリティが必要

企業の社会的責任、安全で持続可能でレジリエントなサプライチェーン管理に関する行政命令、業界の規制などの要因から、製造業者は今日の社会のニーズに合わせて柔軟に革新し成長する必要に迫られています。

製造業者からの主な質問

  • 組織の変革とアジリティを加速して今日の消費者のニーズに対応するには、どのように新しいテクノロジーを統合すればよいか
  • 製造チェーンの規制またはサプライチェーンの規制を定期的に組み込む必要性にはどう対処すればよいか
  • 中核事業、サプライヤーエコシステム、パートナーエコシステム全体にわたって安全に規模を拡大するために、どのようなソリューションを利用できるか
  • 変化に前向きに取り組んで会社の社会的責任の評価を上げ、他社と差別化して最適な人材を確保するにはどうすればよいか

2025年までにGlobal 2000企業の90%が、ITハードウェア サプライチェーンでの再利用可能材料の使用、プロバイダー施設でのカーボン ニュートラル目標、および事業運営の前提条件としてのエネルギー使用量削減を義務化します。

アジリティを活かしてガバナンスを拡大

業界

あらゆる業界の企業をデジタル エンタープライズに変革

次のステップ:

ビジネスの変革と拡張をサポートする方法を、ご紹介します。

ページをシェア