Loading...

店舗の役割が変化しています。

店舗はもはや単なる取引の場所ではなく、ブランドの壮大な物語の一部となりました。そして、トップクラスの小売イノベーターは、このデジタル重視のカスタマーエクスペリエンスの時代を迎え、従来型の店舗を再考しています。あらゆるカテゴリーや形式の小売企業が店舗に大きな投資を行って、次にやってくる成長の機会をより大きなものにしようとしており、成功を収めるために有能な現場従業員を求めています。

アバナードとIncisiv社の調査では、小売企業によるカスタマーエクスペリエンスへの主要な投資によって、従来の戦略や、小売現場における完璧な業務能力の必要性に、どのような変化が生じているかを調べました。この調査では、以下に関する業界のインサイトを提示しています。

  • 小売企業はどのようにして店舗の役割をブランドの壮大な物語の一部として再定義しているのか
  • この新たな戦略を正しく実行できなかった場合、カスタマーエクスペリエンスにどのような悪影響が生じるのか
  • 4つの重要なカスタマーエクスペリエンス分野において、現場の能力を高めるために小売企業が行わなければならない方策とは何か

以前発表された業界に関するインサイト「デジタルに忘れられたもの:小売の現場」では、有能な従業員がビジネス価値の決定要因(生産性など)やKPI(コンバージョンや顧客満足度)に与える影響について調べています。

「デジタルに忘れられたもの:小売の現場」をダウンロード

ご登録いただき、ホワイトペーパー「現場の従業員は、店舗の役割変化に対応できていますか?」の全文をご覧ください。

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア