Loading...

投稿者:

François Matte

今日、石油ショックや地理的紛争、そして不安定なマーケットのニュースが日々取り上げられない日はありません。ビジネスの世界においても予測が不可能な状況は絶え間なく続いています。しかし、今の状況は過去と比べて何か異なる点があるのでしょうか?次の事実を考えてみましょう: Macrotrends によると、アメリカの物価上昇率が最後に7 % を超えた時というのは、今日のC レベルエグゼクティブの多くがおそらく高校生かそれよりも若い頃でした、その一方で、ユーロ圏の年間物価上昇は2022年8月に9.1 % まで上昇しました(Eurostat)。パンデミックが引き起こした変化によって加速した国際的なデジタル化を考慮すると、規制要件の強化と現在のサプライチェーンにとっては大きな驚きです。そして歴史的に見ても実に珍しい瞬間ということになるのかもしれません。

現在でもオンプレミスのERPソリューションにレガシーを運用している製造業者にとって、こういったシステムは混迷状況にあるマーケットの中を躍進し、競合他社に対抗する救いとなるのでしょうか?あるいは、かつて安定していたERPという支えは今後の成長を妨げる足かせとなるのでしょうか?このような企業は、よりアジャイルで情報に基づきインテグレートされたビジネスを可能にするロバストなDigital Operations Platforms (DOP)である次世代のERP ソリューションを導入している他社と、どのように対峙していけばよいのでしょう?これらの問題は取引の成否を決める基礎技術の合併・売却に関わる組織にとって特に注視しなければならない問題です。
現在に至っても多くの製造業界のリーダーが、クラウドへと方向を転換しなくてはならないという意識を抱いていますが行動を起こしておらず、こういった方々が極めて多いというのが現状です。この投稿では、製造業の企業がいかにしてクラウドベースのソリューションへと上手く移行できるかについての戦略と方策を再考察してみたいと思います。レガシーERPの先へと進んでいくことは確かに困難なことですが、そのハードルは思っているほど高くはないのです。

変化の障害となるものとは?
レガシーから移行すると考えるだけで、CIOはオンプレミスのERP に対して恐怖感を抱いてしまうかもしれません。コストや複雑性、性能やキャパシティなどのすべての重要な指標は、意思決定を非常に困難にします。一方で、クラウドがもたらす利点はよく知られています。改善された適応性や効率性、そしてデータの可視性は優れています。しかし、クラウド移行するとなると大規模な作業に思われるでしょう。特にビジネスの中断やステークホルダーの抵抗感によって二の足を踏んでしまっている場合は、より大きな規模になるでしょう。レガシーソリューションには多くの有用な利点がありますが、同時にSAP ERP Gartner Peer Reviewsに明記されるような限界が存在します。全体的な評価は肯定的なものである一方、ユーザーの中には、データサイロ層を形成しうる複雑なインテグレーションや相互運用性の問題を経験したユーザーや、大容量のデータロードの限界による機能不全のリソースを指摘するユーザーもいました。カスタマイズすることは「面倒なこと」と表現されていたのです。これらの欠点により、前述のレガシー、つまりオンプレミスのERP システムは、ビジネスのアジリティと今後の適応性を厳しく制限する可能性があるのです。

視点を変えて、ダイキャスト部品メーカーのDGS社の事例を見てみましょう。アバナード はビジネスプロセスをハーモナイズする支援を行ってきました。 具体的には、ファイナンスやサプライチェーン、そしてオートモーティブタスクを、ハイブリッドアジャイルアプローチを用いるMicrosoft Dynamics 365という単一のプラットフォームへと調和させるサポートをしてきました。それによってもたらされた数ある利点の中でも、新型のフルクラウドERPソリューションは、DGS社のプロセスの効率化に成功し、情報のデリバリを加速化した結果、DGS社のファイナンシャルマネージャーは必要な情報に迅速にアクセスし、良質かつ情報に基づいた決定を下すことができるようになりました。

クラウド移行が容易だと主張できる人はいないでしょう。しかし、シフトをシンプル化したらどうなるでしょうか?大規模にシステムを区切り、代替を試みることなく、差分機能を改善したらどうなるでしょうか?最速かつ障害を最小限に抑える形でのベストなクラウドベースツールのインテグレーションの指針となるロードマップが入手できたとしたらどうなるでしょうか?アクセンチュアによると、エグゼクティブの90%がアジャイルかつレジリエントになるために自身の組織がクラウドを中核としてDXを加速化する必要があると回答しています。クラウド移行 をためらう理由の多くは、知識と経験が不足していることにあります。しかし今日では、企業は製造の微妙な違いを完全に把握し多くのクラウド移行を成功させた実績のある業界のエキスパートと手を組むことができるようになっています。

実証済みのツール、方策、パートナー
DXを成功させる鍵は、自身のビジネス要件に合ったツールを選択することにあります。Microsoft Dynamics 365は、アウトカムを改善するため、先見性のあるAIドリブンのインサイトを活用するインテリジェントなビジネスアプリケーション(CRM および ERP)を一つにまとめたものです。上手く統合すれば、組織はDynamics 365 によってデータを可視化し業種間でのシームレスな共有ができるようになります。ビジネスアジリティを改善することにより、企業はよりスピーディーな目標達成が可能となるのです。
さらに、企業が合併・買収、または売却などの大きなビジネスイベントに直面した際、適切なテクノロジーツールによってそれらの移行を劇的に容易にすることができます。企業はトラディショナルなオンプレミスソリューションと比べてより迅速にクラウドベースのプラットフォームで活動できるため、Transition Service Agreementsからの より速い脱却を容易にします。

アバナードは、親会社であるアクセンチュアと同様に世界最大の Microsoft Dynamics 365 パートナーであり、両社はレガシーERPプラットフォームと近代的クラウドベースのデジタルオペレーションプラットフォーム双方に関して30年の経験があります。両社は共に深い技術的経験と製造業界の経験をもって、SAPなどその他の大手ソフトウェアプロバイダーによるレガシーソリューションを強化した実績があり、それらのテクノロジーをDynamics 365のような近代的なクラウドDOPソリューションへと移行する際の課題を直接的に理解することができます。両社の強みとサービスは、製造業者に先見性のあるハイクオリティな方法を提供し、データ障壁を取り除き、そして完全なカスタマー エクスペリエンスへと導きます。 アバナードの持つ産業特化型のビジネスプロセスモデリングと実装方法論は、オーナーシップのトータルコストの削減と移行実現までの時間を短縮することが可能です。

クラウド移行がいかにしてビジネスに大きな優位性を与えるのか実例をご紹介します。

BMZ Group: クラウド移行成功への道のり
BMZ Group は、米国やヨーロッパ、そしてアジアに拠点を持つ、ハイテクバッテリーシステムの大手製造業者です。BMZは買収による成長の努力の過程で、非連結したレガシーエンタープライズシステムを蓄積していました。それらのシステムによって製造現場の資材やキャパシティの可視性が制限されるため、生産が滞っていました。

同社は、生産と顧客満足度を上手く改善することに先立ち、ERPのパフォーマンスを徹底的に点検する必要がありました。アバナードの優れたマニュファクチャリングシステムインテクレータとしてのグローバルな存在感と経験を知り、同社はアバナードと提携して Finance & Operations のためのMicrosoft Dynamics 365を実装することとなりました。クラウド移行により、新たなエンド・ツー・エンドのプロセスとおよそ100%の機能がすぐに運用可能となりました。

成果:

  • より正確な資材計画とプロダクトクオリティの改善
  • 資材フローと生産リソース計画の透明性の向上
  • より質の高いカスタマーサービスの提供能力の向上
  • プロセスとストラクチャ導入のためのさらなる柔軟性の獲得

アバナードの専門的なアドバイスにより、BMZ Groupは倉庫と生産トランザクションの情報を新たな環境で共有できるようになり、迅速に見積りを立てることが可能となり、高まる需要に対応できるようになりました。

クラウド移行は今が絶好のチャンス?
激しい競争とマーケットの不安定さを受け、クラウド移行を先送りにする製造業者はますます強まる成長への障壁と、よりアジャイルな競合他社に後れをとるリスクに直面しています。大規模な変化、つまり組織構造と戦略からビジネスプロセスと基礎技術に至るまで、大きな変革を起こす能力は以前にも増して緊急課題となっています。なぜ、ERPのクラウド移行を先送りするのでしょうか?アクセンチュアが有する30年の経験に支えられたアバナードのクラウドERPに関する豊富な経験と鋭敏なバーティカルおよびマイクロバーティカルな業界専門知識をもって、制約の多いオンプレミスのレガシーERPから、Finance & Operationsに対応したアジャイルかつクラウドベースのDynamics 365へのスムーズなアップグレードと円滑な移行をサポートします。
Microsoft Dynamics 365によるERPのクラウド移行によって、いかにしてメリットを得ることができるかご興味をお持ちでしょうか? ぜひ、アバナードと共にクラウドジャーニーへの第一歩を踏み出しましょう。

ページをシェア