Loading...

remote working guide

リモートワークは、一部では一時的または代替的な働き方として捉えられてきましたが、現在急速に、ビジネスを継続するための方法の主流となりつつあります。この急激な変化は、現在の新型コロナウイルス(COVID-19)による危機の最中だけではなく、終息後の未来にも影響を及ぼすものでしょう。

またこの急激な変化は、働く人々にも技術的にもストレスの多い状況下で進んでいます。リモートワークは大幅な変化を表します。それは単に技術的な問題だけではなく、考慮すべき重要な問題には、地理的、人口統計学的、文化的なものもあります。

アバナードの戦略的パートナーであるDigital Workplace Group(DWG)は、世界中の組織にベンチマークおよびブティック型のコンサルティング・サービスを提供しています。DWGはこのレポートにより、リモートワークの導入を急務とする組織に対してベストプラクティスの推奨事項を提供し、多くの組織から信頼を得ようと努めています。

このレポートでは、3つの異なる階層別にアドバイスを提供しています。

  1. 個人:在宅勤務時の健康や集中力の維持、他の人とのつながりなどに関するガイド。
  2. チーム:共に働き、パフォーマンスを発揮し、支え合うマネージャーへの提案。
  3. 組織:十分なコミュニケーション、効果的な従業員サービスの提供、準備態勢と回復力の確保のために、経営陣が取るべき行動。

今すぐこのレポートをダウンロードして、さまざまな方針や異なる働き方の導入が急務とされているこの危機的状況下で、働く人々に焦点を当て、組織の意思決定による人々への影響を認識することがいかに重要かについてご確認ください。

登録してください:危機における分散型ワークに関するレポート

Next Steps

ページをシェア