Loading...

リモートワークは、一時的な、または代替的な働き方として捉えられてきましたが、現在急速にビジネスを継続するための主流となりつつあります。この急激な変化は、新型コロナウイルス(COVID-19)による危機への対応だけではなく、終息後の未来にも影響を及ぼすものです。

この急激な変化は、働く人々にも技術的にもストレスの多い状況下で進んでいます。リモートワークは多方面に抜本的な変化をもたらすもので、単に技術的な問題だけではなく、地理的、人口統計学的、文化的な観点からも捉える必要があります。

アバナードの戦略的パートナーであるDigital Workplace Group(DWG)は、世界中の組織にブティック型のコンサルティングサービスを提供しています。DWGによるこのレポートでは、リモートワークの導入に際してベストプラクティスは何かを明らかにし、各企業が自信を持ってリモートワークを推進できるようにするものです。

このレポートでは、3つ階層に分けてガイドします。

  1. 個人:在宅勤務時の健康や集中力の維持、人とのつながりなどへのアドバイス。
  2. チーム:メンバーが協働し、パフォーマンスを発揮し、支え合うために、マネージャーは何をすべきか。
  3. 組織:社員間のコミュニケーションを促進し、従業員サービスを効率的に提供、ビジネスの態勢を整え復活するために、経営陣は何をすべきか。

多様な働き方の導入が急務であるこの事態下において、働く人に焦点を当てることの重要性、また、組織の意思決定によっていかに人々が影響されるか、について解説しています。

以下にご記入いただけますと、本レポートをダウンロードできます。(レポートは英文です。)

次のステップ:

どの職場でもワークプレース体験が重要です。
どのように変革できるか、ご紹介します。

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア