Loading...

各地域の責任者

Darren Hardman
Darren Hardman
ヨーロッパ地区社長

Darren Hardmanは、社長として、アバナード・ヨーロッパの13の地域にわたり戦略と事業を率いています。以前は、アバナード英国およびアイルランド担当ジェネラル・マネージャー、アバナード北米地域の最高執行責任者を務め、営業、組織戦略、中核業務など、北米事業戦略の策定と実行を担当していました。

その前は、グローバル営業担当上級副社長を務め、グローバルな顧客の区分と分類、統合計画プロセス、単一のグローバル営業サイクル・プロセス、体系的なアカウント管理を導入しました。アバナードに入社する前は、15年以上アクセンチュアに在籍し、最後の職位は技術成長プラットフォームの上級役員でした。

英国、ノッティンガム大学で経済学(経済および数学)の学位を取得し、英国のインペリアル・カレッジ・ロンドンではMBAを優等で取得しました。

anna
Anna Di Silverio
成長市場担当社長

Anna Di Silverioは、成長市場担当社長として、オーストラリア、ブラジル、中国、香港、日本、マレーシア、シンガポール、南アフリカにおけるアバナードの成長推進と業務運営に責任を負っています。

以前には、Annaは成長市場の最高執行責任者として、すべての成長市場地域でアバナードの戦略遂行と円滑な経営を担当していました。それ以前には、イタリアのアバナードにおいてジェネラル・マネージャーを務めていました。Annaの指揮下で、イタリア地域は一貫して対前年比2桁台の成長を続けました。この成長は、優秀なチームの構築や職場の多様性の強化に向けたAnnaの取り組み、アクセンチュアとマイクロソフトとの強固なパートナーシップ、アバナードがお客様に確かな成果を提供するための絶え間ない努力など、その後すべての職務にもたらした特質によって推進されました。

Annaはマイクロソフトに15年間在籍し、サービスと営業の分野でさまざまな役職・職務を担当してきました。直近では、マイクロソフトのサービス担当のディレクターと公的部門担当のディレクターを務めています。Annaのキャリアはピサ大学のコンピューター・サイエンス学部のネットワーキング・アーキテクチャ研究者としてスタートし、ソフトウェア・アーキテクトを務めていたこともあります。

Annaは、ピサ大学でコンピューター・サイエンスの学位を取得しています。

Dave Seybold
北米地域担当社長

北米地域担当社長のDave Seyboldは、アバナードにとって最大の市場である北米地域の販売、デリバリー、運用を指揮しています。米国とカナダの幹部と密接に連携し、北米のお客様へ一貫してクオリティの高い成果を提供できるよう努めています。

2015年に最高執行責任者(COO)としてアバナードに入社し、マイクロソフト・ポートフォリオの急成長分野の1つ、Microsoft Dynamicsの幹部スポンサーも兼務しました。アバナードが関わるビジネスと市場の機会に精通しています。アバナード入社前は、IBMに25年以上在籍し、システム・エンジニア、コンサルタント、パートナー、グローバル・ビジネス・サービス部門のリーダーを務めました。

ペンシルベニア州立大学で定量分析学と経済学で学士号を取得、メリーランド大学スミス・ビジネス・スクールでオペレーションズ・リサーチの修士号とMBAを取得しています。

技術革新責任者

Chris Miller
Chris Miller
グローバル・セキュリティ・プラクティス担当幹部
Twitter-Orange Twitterでフォロー

Chris Millerはアバナードのグローバルセキュリティの実務を率い、セキュリティソリューションの戦略およびロードマップ作成の責任者です。また、アバナードのグローバル顧客基盤と直接連携しながら、革新的なセキュリティソリューションを提供しています。

以前、彼はアバナードの最高技術革新責任者(CTIO)として、世界全体のテクノロジーイノベーションとインキュベーション部門を担当していました。CTIOであった彼は、アバナードのお客様を中心にしたイノベーションアジェンダの主導、テクノロジービジョンの作成および社内外双方への伝達、技術開発全般の支援を担当していました。2010年~2015年の間、Chrisはアバナードの最高情報責任者(CIO)として、世界20カ国以上の従業員と運営を支えるテクノロジーケーパビリティの統率、管理、導入を担当していました。CIOであった間に彼は、『ComputerWorld』誌のPremier 100 IT Leader(優れたITリーダー・トップ100)に選ばれました。

それ以前はアクセンチュアで16年間勤務し、複数の幹部職に就いて、幅広いテクノロジー分野での実績と豊富なコンサルティング経験を積み、最終的にはマネージングディレクターとなりました。

彼はインディアナ大学ケリー・スクール・オブ・ビジネスで金融理学士を取得し、副専攻で数学と歴史を学んでいます。また、専門的なソーシャルプラットフォームを構築するテクノロジー企業であるKonnexe社の諮問委員会のメンバーを務め、ワシントン大学のインフォメーションスクールの設立メンバーでもあり、さらに、非営利団体にさまざまなサービスを提供するシアトル拠点のグループである501 Commonsの役員も務めています。

craig-gorsline
Craig Gorsline
イノベーションおよびオファリング・サービス担当エグゼクティブ
Twitter-Orange Twitterでフォロー

Craig Gorslineは、アバナードのグローバル・イノベーション戦略および新規オファリング開発の推進責任者であり、アバナードのクラウド管理サービス事業の役員です。業務の一貫として、Craigはアクセンチュアやマイクロソフトと緊密に協力し、世界各地の革新性と最新テクノロジーにアバナードを集中させます。

かつて、Craigはデジタル・エンジニアリング会社であるThoughtWork社の社長、共同最高責任者および最高営業責任者であり、技術サービスとコンサルティング・サービスで5億USD(米ドル)を超える収益を達成する責任がありました。ThoughtWorks社以前、CraigはJPMorgan Chase社の財務サービス技術グループの主任幹部を務め、カナダのブティック型技術コンサルティング会社にも勤務していました。

Craigは、サイモン・フレーザー大学の犯罪学と心理学の学位、およびロイヤル・ローズ大学のデジタル・テクノロジーのMBAを有しています。

Raghavan Iyer
Raghavan Iyer
グローバル・デリバリー・ネットワーク担当責任者
Twitter-Orange Twitterでフォロー

Raghavan Iyerは、IT分野で22年以上の経験があり、Honeywell、Syntel、アクセンチュアなどでリーダー職を務めた後、2010 年にアバナードに入社しました。

現在はアバナードのグローバル・デリバリー・ネットワークを指揮し、世界中の25,000人以上のプロフェッショナルを統括しています。

アクセンチュア在職時には、インドでアクセンチュアのアウトソーシング事業の立ち上げと定着で重要な役割を担ったほか、製品運用グループの下でライフサイエンス事業を立ち上げ、最後は製品運用グループと医療・公共サービス運用グループでアウトソーシングデリバリーを指揮しました。 プログラム管理、パッケージ実装、ロールアウト/サポート、大規模ポートフォリオ管理の強力なプロセス指向と専門知識を持ち、国内外で働いています。

インドのムンバイ大学でコンピューターエンジニアリングの学士号を取得しているほか、Project Management Professional、Six Sigma Greenbelt、Design For Six Sigmaの認定資格も取得しています。

地域リーダー

Amma Yutaka
Yutaka Anma
安間 裕 – ゼネラルマネージャー(日本)
安間は、日本の代表取締役として、国内のAvanadeのビジネスおよび運営全般を担当しています。

入社は2014年4月で、5月に代表取締役に就任しました。Avanadeに入社する前は、国内ITコンサルティングファームの経営に携わっており、その前にはアクセンチュアにおいてアウトソーシング、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)の責任者を務めていました。またアクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズ株式会社の設立に携わり、同社代表取締役を7年間務めておりました。明治大学文学部文学科フランス文学専攻卒。

次のステップ

アバナードとお客様の方針を決定する役員の詳細をご紹介します。

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア