Loading...

ABN AMRO銀行:DevOpsで常に従業員に最新のワークプレースを提供し、俊敏な業務体制を実現

背景

ABN AMRO銀行は、オランダを本拠地とする多国籍銀行で、リテールバンキング事業、プライベートバンキング事業、コーポレートバンキング事業を展開しています。

Microsoft 365プラットフォームへ移行したばかりの同行は、従業員に最新のデジタル ワークプレース ツールや機能を提供したいと考えていました。Microsoft 365プラットフォームを有効に活用するには、最新の機能やアップデートを常に把握する必要がありましたが、その作業は負担になる恐れがありました。そこで、アバナードに支援を求め、専門的な構成やモニタリングなど、エンドツーエンドのサポートを提供してもらうことにしました。

ソリューション

アバナードは、ABN AMRO銀行のデジタル化計画を加速させ、Microsoft 365のアプリケーションやインフラストラクチャの進化を大規模かつスピーディに進めています。Migration Factory、Microsoft 365スキャナー、その他の自動管理アプリケーションなど、Microsoft 365を管理するためのアバナード独自のツールにより、効率化が進み、コストも抑えられるようになりました。アバナードは、プラットフォームが常に最新の状態に維持され、従業員が新しい機能やセキュリティ機能を使えるようサポートしています。

このDevOps手法は、銀行全体の企業文化改革の一環で採用され、銀行内では「アポロ戦略と呼ばれています。アバナードのマイクロソフトテクノロジーに関する専門知識、実装力、そして、現地だけでなく世界中の専任チームでABN AMRO銀行をサポートしたことが、機敏性の高い業務体制を実現できた鍵といえます。現在、DevOpsは、銀行全体に絶対的基準として定着しています。

アバナードのマネージドサービスについてはこちらをご覧ください。

関連する事例

ページをシェア