Loading...

学校法人足立学園:Power Platformによるアプリ開発支援で、生徒1500名分の体温チェック業務を1/6に短縮

背景

東京・北千住にある中高一貫の私立男子学校、学校法人足立学園(以下、足立学園)。2015年より教育のICT化に取り組み、オンラインコミュニケーションツールMicrosoft Teams(以下、Teams)を導入し、教職員と生徒、全員がTeamsを介してコミュニケーションをとりながら学びを得ている学校です。また、日本の中学校・高等学校で唯一の「Microsoft Showcase Schools」として認定されています。現在約30名の教師が「Microsoft認定教育イノベーター」として認定されており、生徒によりよい学びと体験を提供するため、教育現場へのITの導入に積極的に取り組んでいます。

教育改革と業務改善への高い意識から、同校の杉山 直輝氏は以前より、マイクロソフト社が提供する、実用的なビジネスアプリケーションを最小限のプログラミングで開発できるPower Platformに着目していました。しかしながら、具体的な使い方がわからず活用できずに困っていたといいます。そんな時、マイクロソフトテクノロジー活用のプロフェッショナルであるアバナードに出会い、Power AppsとPower Automateを活用したアプリ開発のワークショップをスタートしました。

「業務負担が大幅に減少して、先生方から喜びの声をもらっています。でもこれは、アバナードの支援なくして、実現できませんでした。
ここで得たアプリ開発の知識やスキルは汎用性があります。私だけでなく、他の先生方もPower Platformを使えるようになると、色々な業務改善ができて、学校自体がもっと面白くなっていくんじゃないかと思います」

杉山 直輝 氏 学校法人足立学園中学校・高等学校 、情報科主任・技術家庭科主任/Microsoft認定教育イノベーター/AdobeEducationLeader

ソリューション

週に一度、オンラインで定例ワークショップを実施。実際の現場で課題となっていた「新型コロナウイルス感染症対策のための、検温およびその管理の仕組み」を題材に、業務改善のための「検温管理アプリ」開発に着手しました。

教師による教師のためのアプリ開発を支援するため、アバナードはサポート役として伴走。教師自身が構想し、手を動かすことで、開発を進めました。教師は授業以外にも細かな業務が多く多忙ですが、その合間の時間を使ったアバナードの効率的なワークショップで、アプリ開発のコツをつかむことができました。

開発にあたっては「現場に負担をかけないこと」に配慮。
生徒たちに混乱を招かないこと、利用する教師達の年齢層・業務内容・得意・不得意など、多くのことに気を配りながら、誰もが使いやすいアプリの実現を目指し、現行の仕組みを踏襲する形でアプリ開発が実施されました。

成果

お客様事例

足立学園:Power Platformによるアプリ開発支援で、生徒1500名分の体温チェック業務を1/6に短縮

アバナードの伴走で教師自らが手を動かし、短期間でアプリ開発を実現した本事例の全文はこちらからご覧になれます。(日本語)

その他の事例

ページをシェア