Loading...

BDR Thermea社:IoTソリューション導入でサービス訪問を60%削減

プロジェクトの背景

BDR Thermea社は、持続可能で気候変動対応型の給湯ソリューションおよびサービスを製造し、販売しています。急速に変化するデジタル世界で、同社は、新しい戦略を策定する時期になったと判断しました。競争の激しい市場で差別化を図るために、単なる製造業者および販売業者からサービス・プロバイダーに進化したいと考えましたが、問題は、エンド・カスタマーについて知らないことでした。

ソリューション

BDR Thermea社は、マイクロソフトとSitecore、そしてアバナードの持つ豊富な技術経験をフルに活用しました。アバナードは、Microsoft Azureと統合して、同社の接続デバイスのステータス情報を取得できるモノのインターネット(IoT)接続サービス・プラットフォームの設計と導入を支援しました。デバイスのステータス情報は、アプリケーション・プログラム・インターフェイス(API)を介して、Sitecoreポータルやモバイルアプリなどに送信されます。顧客側で何かが起こった場合には、デバイスを監視している同社のチームに潜在的な問題が生じていることを警告します。これにより、問題に迅速に対処することができるようになりました。

成果

効率性とインテリジェンスが向上したことで、パイロット・ソリューションによるサービス・コールが60%減少しました。サービス運用コストも10%削減できると予測しています。

BDR Thermea社は、新しい戦略計画を引き続き実施していく中で、IoT接続プラットフォームを通じて提供されるインテリジェンスを活用して、従業員の能力を高め、顧客ロイヤリティを構築し、より価値の高い新しい機会に向けて積極的にビジネスを推進します。

アバナードと共にIoT戦略の策定と最適化を図るには、こちらをご覧ください。

関連する事例

ページをシェア