Loading...

背景

Fresenius社は、透析、病院、外来治療向けの製品とサービスを提供する世界的な医療グループです。膨大は数の管理されていないオフラインのアプリケーションを含む、コストばかりかかる複雑なITインフラがサポート終了を迎えるにあたり、従業員体験を向上させ、Microsoft 365への移行をスムーズにするため、同社は使いやすいコラボレーションプラットフォームを求めていました。アバナードの協力のもと、170台のサーバー上の17,000以上のLotus Notesアプリケーションを停止し、Microsoft SharePoint Onlineに移行しました。

ソリューション

66か国161か所にあるFresenius社の拠点のITマネジャー326人と話し合い、優先順位に基づいて、管理されていない未使用のアプリケーションの86%を削除するプロセスとツールをセットアップしてから、従業員をSharePoint Onlineに移行できるようにしました。アバナードの構造化されたデリバリーアプローチが、同社の厳しい規制環境をサポートしました。

成果

絶妙な末期処理とクラウドへの移行により、Fresenius社は接続性、モビリティ、迅速性に必要な最新のテクノロジーを手にいれました。そして持続可能なビジネス価値を生み出す、より優れたワークプレースが実現しました。例えば:

  • 従業員のエンゲージメントとコラボレーションの向上
  • 効率性の向上
  • ライセンスコストの削減
  • ITのシンプル化

 

関連する事例

ページをシェア