Loading...

Generali社:ロボティック プロセス オートメーションでサービス向上と効率化を実現

背景

デジタル変革によって、保険会社と加入者との間の接点が増え、保険会社にとって、顧客体験の改善は今や最優先で取り組むべきテーマとなっています。この新しい難題に立ち向かうため、Generali France社は、ロボティック プロセス オートメーション(RPA)を導入し、やり取りを簡略化して応答時間を短縮し、顧客の要求をリアルタイムで監視できるようにすることで、より柔軟な顧客体験を提供するための大型プロジェクトを立ち上げました。

Generali社はRPAプロジェクトを成功させた実績を持っていますが、今回はそのレベルを一段高める必要がありました。

ソリューション

アバナードとGenerali社は、これらのチームを設立しました:

  • 各種プロセスの条件設定と監視を担当するビジネスアナリストのチーム(フランス)
  • 開発チーム(リガ)
  • 保守・研究チーム(パリ)

Generali社は、プロセスを自動化するソリューションとしてUiPathを採用しました。自動化されたプロセス数は約30に上り、これには従来のITソリューションを使ってアドレス指定不能な境界内で行われる同社の全活動分野が含まれます(低ボリューム、マルチツール プロセス、ビジネス上のトラブル等)。

プロジェクトの成果:

  • 新しいロボット生産のスピードアップ
  • 生産安定性の向上
  • プロジェクトと保守コストの制御

成果

  • 簡単なリスエスト処理の迅速化
  • 日々のビジネスおよび仲介業者や顧客と関係へのコミット強化
  • 保険金請求事例の実態をより詳細に把握

「RPAにより、ドキュメントの統合や災害分析、証明書の作成など、再入力や管理の手間を削減できます。アバナードとのパートナーシップにより、新しいテクノロジーを活用し、推進力を得ることができました。」

Julien Fest氏 Generali France社、RPAコーディネーター

ロボティック プロセス オートメーションの活用についての詳細はこちらをご覧ください。

関連する事例

ページをシェア