Loading...

背景

Kevaの自動化サービスグループでは、全社で作成したMicrosoft Power Platformアプリケーションの透明性を高める必要がありました。また、コンプライアンスの確保と手作業からデジタルプロセスへの移行のために、合理化も必要でした。

ソリューション

Kevaは、アバナードと連携して自動化ソリューションでの管理を推進し、既存および新規のマイクロソフト テクノロジーによって効率性を高めました。Microsoft Power Platformアプリケーションの開発、テスト、アクセス権管理、運用、およびモニタリング環境を整え、加えて、KevaのワークフローとPower Platform開発のベストプラクティス ガイドに沿ってカスタマイズされた従業員トレーニングも実施しました。

「今後より良い顧客体験を提供するためには自動化のレベルを上げる必要があり、Power Platformはその目標達成に重要なツールです。今は経験を積み、今後に役立てたいと考えています」

Tommi Heinonen Keva, CIO

成果

Power Platform上のカスタム生産性アプリケーションは、必要とされてから通常1週間以内に導入が完了します。電子メールがきっかけとなって迅速にスタッフが連携し、顧客の利益増加につながるコア業務に従業員が専念できます。

ローコード技術でイノベーションを推進しましょう。

お客様事例

Keva:プロセス自動化の一環として生産性モニタリングを導入

事例全文はこちらからご覧になれます。

その他の事例

ページをシェア