Loading...

Marsh & McLennan社:12のイントラネットを一つに統合し、従業員ファーストを実現

背景

Marsh & McLennan Companies, Inc.(MMC)社は、ニューヨークを拠点とし、リスク保険仲介業務、再保険サービス、人材管理および管理コンサルティング業務を行っています。買収により拡大したMMC社は、現在4つの事業で世界中に75,000人を超える従業員を抱えています。

長年にわたり、MMC社の運営企業は、12を超える異なるイントラネットシステムを作り上げてきました。その結果、世界中の従業員は、スムーズなコラボレーション、知識とベストプラクティスの共有、管理タスクの効率的な実行が困難となっていました。

ソリューション

このような課題に対処するため、MMC社は、アバナードと16週間の戦略的構想に取り組み、次の項目を達成目標として設定しました。

  • 世界各地の従業員のニーズを深く理解する
  • イニシアチブに対する成功を定量的にどう測定するか定義する
  • クラス最高のユーザー体験を定義する
  • ビジョンを実現するための適切なテクノロジーを選定する

この工程に着手するため、同社はアバナードと、次世代の従業員体験とはどのようなものかを定義しました。アバナードの分野横断チームは、同社の多数の従業員、経営幹部にインタビューを行い、また、MMC社のニューヨーク、ロンドンオフィスでデザイン思考ワークショップを実施しました。

この調査により、組織全体の現在の課題と共通のテーマ、従業員のペルソナ、ユーザージャーニーの未来像、優先順位の高い機能、実装ロードマップなど、包括的な戦略が策定されました。さらに、「実用最小限の製品(Minimum Viable Product)」(MVP)を定義しました。

成果

以上の取り組みを通して、同社の経営陣は、差別化された従業員体験がどのようなものかを確認し、それを実現するためには何が必要かを理解しました。

Microsoft 365、Salesforce、ServiceNow、LinkedIn、Workday、その他の外部APIを含む複数のシステムを一つに統合して、一貫したエクスペリエンスとすること、また、合わせて、主要タスクの自動化、ボットや仮想アシスタント、コンテンツの会社レベルおよび従業員レベルでのパーソナライズなど、AI関連の要素もソリューションとして提案されました。

アバナードは、野心的なビジョンの実現だけでなく、実際のオペレーションに必要な仕様を、大規模に実行するための手順を策定しました。

優れた顧客体験と従業員体験を提供する方法についてはこちらをご覧ください。

関連する事例

ページをシェア