多国籍エネルギー企業がインテリジェントな自動化システムで生産性を30%向上

プロジェクトの背景

この多国籍エネルギー企業は、ある組織を通して財務業務を管理し、調達や支払いなど、同一の有効プロセスを多数のプロバイダー対象に適用しています。

このような財務プロセスには、実績のあるタイムリーな実行手段が必要です。キャッシュフローを適切に管理するには、正確性と監査能力が鍵となります。それには、プロセスの継続的な実行と管理が必要です。長年にわたるパートナーであるアバナードは、このお客様にロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)を利用したプロセスの開発を支援しました。

ソリューション

主要なプロセスを自動化するための、Blue Prism RPAテクノロジーを使用した最初の概念実証(PoC)が開発されました。このPoCでは、自動化によって財務サービス部門内の業務効率が向上したことが明確に示されました。

次に、自動化をPoCから実稼働環境へと移行し、人による反復作業を自動化して、ロボットを利用した銀行業務やVAT申告の照合等を行いました。

プロジェクトの成果

バックオフィス機能全体にロボティック・プロセス・オートメーションを導入することで、プロセス処理の信頼性を高め、従来の手作業と比較して30%以上の時間短縮に成功しました。その結果、調達から支払いまで等、プロセスと関係のあるビジネス生産性が高まり、より堅牢な事業運営が可能になりました。

貴社の従業員が「生産性の停滞」を打開できるように支援-インテリジェントな自動化システムについては、こちらをご覧ください。

関連する事例

お問い合わせ

貴社でどのようなお悩みがあるか、まずはお聞かせください。お悩みを解決する最適なソリューションをご提案いたします。

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア