Loading...

Subsea 7社、SAPエンタープライズ・リソース・システムをパブリック・クラウドに移行

プロジェクトの背景

Subsea 7社は、海中でのエンジニアリングと建設を主要事業としながら、サービスの請負や洋上発電まで扱う世界有数の企業です。同社は、SAPシステムによる効率化とコスト削減を求めており、同社でSAP、ビジネス・ソリューションを担当しているディレクター、Euan Davidson氏によると、この厳しい市場では、社内の効率化も推進しながらニーズを柔軟に満たすことができるSAPを導入することが鍵である、とのことでした。

ソリューション

アバナードはマイクロソフトとチームを組み、すべての仮想マシン、モニタリング、セキュリティを含む、クラウド環境のインフラストラクチャの設計と導入を行いました。新しいソリューションの導入は、アクセンチュアとアバナードが担当し、効率性を高める最新のテクノロジーを活用するため、Microsoft Azure上でSAP Suite for HANAを採用しました。

プロジェクトの成果

Subsea 7社は、プロジェクトの成果として、以下のような多数のビジネス上のメリットが得られると期待しています。

  • 総所有コストの削減
  • ワークロードの変更管理を柔軟で素早く提供できるアジリティの向上
  • 大規模なHANAインスタンスの処理が可能
  • 組み込みのコンプライアンスとセキュリティ・サービス

関連する事例

お問い合わせ

貴社でどのようなお悩みがあるか、まずはお聞かせください。お悩みを解決する最適なソリューションをご提案いたします。

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア