Loading...

東京ガスが3倍のページアクセスと6倍の新規会員登録を実現

背景

東京ガス株式会社(以下、東京ガス)は電力市場に参入する機会を得たが、同時に、より多くの既存顧客と潜在顧客に、魅力的かつ楽しい方法でサービスを提供する必要があった。

既存のプラットフォームでは、外部ベンダーへの作業外注や承認プロセスが煩雑でコンテンツの配信、追加、修正などに手間と時間がかかっていた。また、使用量や料金を確認するためだけのものだったので、ウェブサイトに頻繁に訪問してもらう理由が弱かったうえに、ガスと住まいに関するトータルサポートは、地域密着型店舗「東京ガスライフバル」に頼っている状態であった。しかし「ガスも電気も任せて安心の東京ガス」として認知されるためには料金の確認だけができるウェブサイトでは不十分であり、ブランドとサービスを認識してもらうためにも、再訪の動機づけとなるような魅力的なコンテンツが必要であった。

ソリューション

マーケティング能力を拡張するAnalytics DBを備えたSitecore

東京ガスは、一般家庭の契約者向けポータルサイト「myTOKYOGAS」を、ターゲットマーケティング機能が搭載されているSitecore Experience Platformに移行することを決断する。そこで、サイトコア製品のプロフェッショナルでありプロジェクトを遂行できるアバナードをパートナーとして選定した。アバナードは改めて原点に立ち返り、東京ガスとしてどのようなデジタルマーケティング戦略を展開していくべきかといったことを議論しながら移行、デザイン、構築を行なった。

ようやくいろいろなことが自由にできるようになった感じがあります。コンテンツに対する反応を見ながら、人気の高いものやお客様に喜ばれるコンテンツをどんどん配信していきたいです。

中村 肇氏 東京ガス株式会社 リビング営業計画部 デジタルマーケティンググループ マネージャー

結果

新しいプラットフォーム機能で、東京ガスはお客様のカスタマージャーニーを定義し、ペルソナを決め、お客様のニーズや興味にあったサービスを提供できるようになった。お客様に良い体験をしていただくことによってロイヤリティだけでなく、新規のガスや電力のお客様を獲得する可能性も上がる。新しいプラットフォームにより、東京ガスとそのお客様は以下のような恩恵を得ている。

  • コンテンツ配信の合理的なプロセス :東京ガスはコンテンツ配信のサイクルを短縮し、頻繁に更新するべきコンテンツや情報は直接配信できる。
  • Webへのアクセス増加 :リニューアルする前は35,000だった月間アクセス数も、リニューアル後は91,000へ増加した。
  • 顧客へのアウトリーチを拡張 :リニューアル前よりポータルサイトのアクセスが6、7倍になり、新規登録者も一日約300人ほどある。
  • エンゲージメントの向上:東京ガスと接する機会やチャネルが増え、より的確なサービス情報も得られるようになった。

クライアント
東京ガス株式会社

デジタルマーケティングにより東京ガスがどのようにロイヤリティを向上させたのか、事例全文はこちらよりご覧ください。

アワード
サイトコア エクスペリエンス アワード2016

素晴らしいカスタマー・エクスペリエンスを創出し、サイトコア エクスペリエンス アワード2016を受賞したアバナードのお客様をご紹介します。

関連する事例

お問い合わせ

貴社でどのようなお悩みがあるか、まずはお聞かせください。お悩みを解決する最適なソリューションをご提案いたします。

閉じる
Modal window
Contract
このページをシェア