Loading...

Tullow Oil社のクラウドSAPへの道のり

プロジェクトの背景

大手石油・ガス探査企業であるTullow Oil社は、クラウドやクラウド・サービスを通じて利用可能なテクノロジーを活用することに関心がありました。クラウド対応の正当な戦略に最初に投資するには、確実に第一歩を間違いないものにしてくれるパートナーが必要でした。同社はアクセンチュアと業務提携し、マイクロソフトとアバナード(マイクロソフトとアクセンチュアのジョイント・ベンチャー)の関係を活用して、プロジェクトに取り組む優秀で有能な人材に頼ることができるようになりました。

「アプリケーション・ポートフォリオのかなりの部分をパブリック・クラウドに最初に移行すると、クラウドへ移行できるサービス・ポートフォリオの他の領域に目を向けられるようになります。それにより、デジタル・アジェンダを推進するための柔軟性が向上します」

Chris Rivinus氏、 Tullow Oil社、ビジネス・システムおよび情報部門ヘッド

ソリューション

パブリック・クラウドへの移行はほとんど業務が混乱することもなく行われ、SAP環境のユーザーもあまり労力をかけずに新しいプラットフォームで実行できました。

成果

Tullow Oil社はパブリック・クラウドに移行してからすぐに、SAPプラットフォームのメリットとパフォーマンス改善を認識しました。本来のアーキテクチャで利用可能な新しい障害復旧や事業継続性のオプションなどが含まれます。パブリック・クラウドへの後押しが今日のビジネスを改善したのと同時に、Tullow Oil社には現在、クラウドを介して構築・提供される最先端テクノロジーを試みることができるプラットフォームもあります。

アバナードのクラウド移行ソリューションでビジネス・インフラストラクチャを最新化する方法をご確認ください。

クライアント

Tullow Oil社のクラウドSAPへの道のり

SAPのクラウド移行によって、Tullow Oil社がコストの柔軟性、俊敏性、リスク軽減、将来のイノベーションに向けたプラットフォームを実現できた方法。

ソリューション

クラウドプラットフォーム サービス

俊敏性を高め、クラウドの価値を最大化

関連する事例

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア