Loading...

飲料水会社Vitens社:拡張現実を活用して、エンジニアの作業を安全かつ効率化

プロジェクトの背景

Vitens社はオランダの飲料水会社で、560万人の顧客向けに飲料水を生産および供給しています。Vitens社では、最新のテクノロジーを活用して、課題を解決し、市場機会を捉える方法を模索していました。

技術者の仕事を効率化するために、拡張現実と混合現実の活用について調査を開始したところ、安全性、決断力、時間の節約、エンジニアのリモート支援という4つの柱が浮かび上がりました。そこで、長年のパートナーであるアクセンチュアとアバナードに、マイクロソフトのテクノロジーを使用した革新的なソリューションの提供を依頼しました。

ソリューション

このプロジェクトはMicrosoft HoloLensを使用したフィールドサービス・ソリューションの設計と構築から始まりました。アバナードはまず、HoloLensとその可能性をVitens社のエンジニアに紹介するワークショップを実施し、同社エンジニアは独自のアイデアやユーザーのニーズを共有しました。これらのアイデアは、アバナードのデジタル・イノベーション・スタジオの作成するインタラクティブな設計に取り入れられ、最後に、アプリケーションがどのように機能するかを実際に把握できるように、プロトタイプが作成されました。

「エンドユーザーを理解することが大事、とアバナードが考えていることは、彼らの仕事ぶりにそのまま表れています。」

Micha van Aken氏 ビジネス開発マネージャー兼製品オーナー、Vitens社

成果

エンジニアがプロトタイプを初めて試した時、最初のワークショップで自分たちが提示したアイデアが取り入れられていることがすぐにわかりました。HoloLensソリューションにより、エンジニアの作業の安全性が高まり、目の前に表示される情報に基づいて、迅速に意思決定を下せるようになりました。情報は迅速かつ適切に提供されるため、時間も節約できます。また、リモート支援もリクエストできます。

技術者と作業の平均日数も確認できるため、エンド・ユーザーのニーズにも対応できます。これにより、Vitens社が求めていた、「テクノロジーを積極的に取り込もう」というカルチャーが社内で醸成されました。

アバナードはワークプレースから価値を引き出すお手伝いをします。

ソリューション

ワークプレースの価値

持続的な価値の原動力として職場環境を見直す

関連する事例

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア