アクセンチュアおよびアバナードが世界のマイクロソフト導入サービス2017ベンダー評価における IDC MarketScapeのリーダーとして位置付けられる

2017年10月24日 - ニューヨークおよびシアトル

アクセンチュア (NYSE: ACN) および アバナード が、先般発表されたIDC MarketScape:世界のマイクロソフト導入サービス2017ベンダー評価1 において、リーダーとして再び認知されました。アクセンチュアとアバナードは、市場進出やマイクロソフトサービスの能力を含め、両社の戦略が緊密に統合されている点が評価され、この報告書における唯一無二の存在として認められました。

2017年度の報告書は、マイクロソフトの導入サービス市場におけるプロバイダー10社の能力と経験値を評価し、成功するベンダーの特長に関して、バイヤーからの意見を直接集めたものです。IDC MarketScapeによってこの分野におけるリーダーとしてアクセンチュアとアバナードが評価されたのは、2年連続になります。

IDC MarketScapeの報告書によると、バイヤーは、エンドツーエンドのマイクロソフトサービスポートフォリオだけでなく、プロジェクトにおいてソフトウェアおよびハードウェアのパートナーと連携して作業する能力についても、アクセンチュアとアバナードを高く評価しています。同様に、IDCも商品・機能のロードマップや、イノベーション・R&Dにおける生産性の高さについて、アクセンチュアとアバナードを高く評価しています。

IDCのITコンサルティングおよびシステム統合ビジネス戦略のリサーチディレクター、アリ・ザイディ氏は次のように述べています。「アクセンチュアとアバナードは、クライアントに幅広いエンドツーエンドのコンサルティング機能や導入サービスを提供しており、世界のマイクロソフト導入サービスにおけるリーディング・カンパニーといえます。両社が築いた独自の関係性を活かして、顧客のデジタル改革を進めるマイクロソフト戦略とも一致した総合的な市場進出戦略が可能になるでしょう。ユーザーがビジネスだけでなく、テクノロジーの変化にも強い、幅広いコンサルティングと導入サービスを探す場合、アクセンチュアとアバナードは、最有力候補になるはずです。」

アクセンチュアの最高技術責任者(CTO)兼最高イノベーション責任者(CIO)、そしてアバナード取締役会の一員でもあるポール・ドーアティーは次のように説明します。「アクセンチュアとアバナードは、優れたビジネス手腕と顧客満足度に基づいて、過去10年間連続して、マイクロソフトの年間アライアンスパートナーに指定されてきました。IDC MarketScapeに2年連続でリーダーとして評価されただけでなく、優れた差別化要因、拡張性、実績ある専門知識を備えたアクセンチュアとアバナードのパートナー関係があったからこそ、マイクロソフトのエコシステムの活用を希望するクライアントのデジタル改革を進めることができたのです。」

アバナードのCEOアダム・ウォービーは、次のように述べています。「アクセンチュアとマイクロソフトの合弁企業であるアバナードは、マイクロソフト・エコシステムのみに的を絞った取り組みという点で、独自の存在感を持っています。IDC MarketScapeにおいてリーダーとしての地位を認められたことは、私たちのお客様がクラウド、データ、 AI、そして複合現実テクノロジーなどを駆使したデジタルワールドへの順応のサポートをする場面において、特に意義深いことだと言えるでしょう。」

 

アクセンチュアについて

アクセンチュア(NYSE:ACN)は、グローバルなプロフェッショナルサービスのトップ企業として、戦略、コンサルティング、デジタル、テクノロジー、オペレーションズの領域で幅広いサービスとソリューションを提供しています。40を超す業界とあらゆる業務に対応可能な豊富な経験と専門スキルなどの強みを生かし、今日のデジタル化時代が求めるビジネス変革を成し遂げています。アクセンチュアは、ビジネスとテクノロジーが重なる場所で、顧客のパフォーマンス改善を支援し、ステークホルダーの持続可能な価値を創造します。120以上の国において、約425,000人のスタッフが顧客に対応。アクセンチュアは、イノベーション創出と世界の人々のより豊かな生活と仕事の実現に取り組んでいます。公式サイト(https://www.accenture.com/)をご覧ください。.

アバナードについて

アバナードは、人材とマイクロソフト・エコシステムを活用し、革新的なデジタルおよびクラウド対応サービス、ビジネスソリューション、デザイン主体のエクスペリエンスを届けるトッププロバイダーです。当社の擁するプロフェッショナルなスタッフは、テクノロジー、ビジネス、業界の専門知識を組み合わせた大胆かつ新鮮な思考を武器に、顧客とエンドユーザーの改革と成長を推進しています。24ヶ国に30,000名のデジタルで繋がったスタッフを配備。多様性を尊重し、事業を運営するコミュニティを反映した協力的な企業文化を通して、顧客に「ベストシンキング」を提供しています。アクセンチュアが筆頭株主であり、2000年にアクセンチュアLLPとマイクロソフトコーポレーションによって設立されました。詳細については、(https://www.avanade.com/ja-jp)ご覧ください。

IDC MarketScapeについて

IDC MarketScapeのベンダー分析モデルは、特定市場におけるICT(情報および通信テクノロジー)サプライヤーの競争力の適応度を把握する為のものです。調査方法には、定量/定性的な基準に基づいた厳密な採点手法を用いており、調査結果は当該市場における各ベンダーの位置付けを示す、1つのグラフによって表されます。IDC MarketScapeは、製品およびサービス提供、機能と戦略、ITと電気通信ベンダーの現在および今後の市場成功要因について意義ある比較を行うための明確なフレームワークを提供します。また、このフレームワークは、テクノロジーバイヤーが既存、および将来的に取引が見込まれるベンダーの強みと弱点を360度全方位から評価を行えるようにする為のものでもあります。

お問い合わせ

貴社でどのようなお悩みがあるか、まずはお聞かせください。お悩みを解決する最適なソリューションをご提案いたします。

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア