Loading...

  • 推定読了時間4 分間
florin rotar bio
dan schimmelpfenig bio

投稿者

Florin Rotar

Dan Schimmelpfenig

生成AIはAIを民主化し、携帯電話やインターネットと同じくらい広く普及させています。アバナードのCTO、Florin Rotarは、生成AIについて次のように述べています。「20年から30年ごとに、劇的な技術の飛躍が企業と私たちの生活を変えてきました。今が次の転換期です」。このメッセージは大袈裟ではありません。AIは、企業の労働力からデータまでを変革する可能性を秘めています。

過去6ヶ月間で、AIを活用し新たなイノベーションを展開したいという依頼が多く寄せられています。これらの企業との対話の中で、多くの企業がAIの技術的側面以外に備えるべき環境が整っていないことがわかりました。これには、ガバナンスの確保、プロセスの準備、戦略、企業および従業員の新しいテクノロジーへの対応能力などが含まれます。アバナードのTrendlines調査によると、48%の企業はまだ具体的なAIのガイドラインやポリシーを持っていないと回答しています。そして、64%のビジネスおよびITリーダーは、自社が現在、AIの潜在的なリスクや損害を軽減するための十分な管理体制とバランスを持っているとは完全に自信が持てていないと回答しています。従業員や顧客の体験を向上させるAIの可能性に盛り上がる一方で、企業の責任あるAI活用準備とガバナンスを整えることは最優先事項です。

責任あるAIには従業員の懸念に対処することも含まれます。従来の技術的な関心と深く根ざした人間の感情行動のバランスが求められます。従業員は、自分自身のスキルが適切であるか、AIに置き換えられるのではないか、生活が大幅に良くなるのか、悪くなるのか、それともそう変化のないままなのかなど、さまざまな疑問を持つでしょう。最近のマイクロソフトの調査では、49%の人々が、AIが仕事を取って代わるのではないかと心配していると回答しています。これらの懸念を聞き入れ、和らげることが重要です。

AIの成長の機会をつかみ、予期しない結果のリスクを軽減するために、リーダーはAIの技術的な影響以上のことを考慮する必要があります。

AIファーストを実現し維持するための多分野にまたがるアプローチ

アバナードは、数年間にわたり強力な責任あるAIのフレームワークと手法を世界中のクライアントに適用してきました。私たちの経験に基づいて、企業が準備に取り組む際には以下の分野に重点を置くことをお勧めします。

  1. 企業と戦略の整合性
    企業の成功の鍵とAIの最大の影響を与える領域を把握すること。


  2. ガイドライン
    企業の価値観をAIのガイドラインに取り入れ、取るに値しない重要なリスクを特定し、開発と採用を推進するための指針を設定すること。


  3. リスク管理と軽減
    AIプロジェクトのリスクを特定し測定するプロセスを確立させ、このリスクを継続的に管理できるようコントロールすること。


  4. パフォーマンス管理
    パフォーマンス目標と目標を設定し、リソースと人材を適切に割り当て最大の影響を持たせること。


  5. 技術インフラ
    提案および実装されたユースケースを文書化し、必要に応じてテクノロジーリソースを管理し提供するためのエクセレンスセンターを作成すること。


  6. 従業員のスキルと文化
    新しい能力、ガイドライン、倫理的な考慮事項について従業員を最新の状態に保ち指針を強化すること。


  7. 説明責任
    利益と損害、リスクとビジネスチャンスをモニタリングしましょう。モデルと人々を必要に応じて再トレーニングし、AIプロジェクトを必要に応じて拡大、縮小、または中止する準備をすること。

アバナードは、組織と人材をAIに対応させるためのお手伝いができます。

組織によってAIファーストになるためのニーズは異なります。 私たちはお客様の現状に合わせた対応が可能です。ぜひお問い合わせください。

ページをシェア