Loading...

投稿者:

Michael Merfeld

多くの企業のIT担当者の7 2% が、新たなテクニカルケイパビリティをアップグレードあるいは購入する際に、クラウドベースにデフォルト化していることを受け、顧客はレガシーERPシステムが頼りであることがこれまでほどうまく対応できなくなっているということに気づき始めています。 もちろん、クラウド移行を実行することは過去に類を見ないほどの緊急課題となっているわけですが、アバナードは、顧客に対してテクノロジーだけではエンドゴールとは言えないということをお伝えています。言い方を変えれば、テクノロジーは自発的に行うビジネストランスフォーメーションのためのツールとして考えなければならないということです。そのことを念頭に実装した場合、クラウドは事業計画全体に極めて大きな成長をもたらすでしょう。以下に、行動を起こし成長を活性化させるための6つの理由をご紹介しましょう:

  1. 新しいプロダクトとサービスを迅速に市場に出す
    今日の顧客の需要に応えるには、データをインテグレートし、具体的な行動につながるインサイトを探り出し、アジリティを促進するためのDX推進が必要になります。クラウドは、デジタル時代に必要な基本的要素やそれ以上のものを提供します。また、クラウドは差別化要因を強化し、現在までの実績の枠を超えた市場への参入を可能にする業界特化型のアプリケーションを充実化させます。

  2. 急を要するイノベーションへの需要に応える
    AIや機械学習、ロボティックプロセスなどの最先端テクノロジーは、クラウドを経由して初めて利用が可能になります。ローコードやノーコードのPower Apps と Power Automate ワークフローにより、従業員は迅速なプロトタイピングや低リスクのエクスぺリメンテーション、早く始めて早く失敗な環境によって生み出されるスピードある革新が可能になります。

  3. 質の高い従業員体験によって質の高い人材を獲得する
    より 現代的なワークプレイスは、必要な人材を引き付け獲得するアジリティを一層強くします。クラウドERPによって、出先やユーザー中心のワークプレイスでも携帯電話上で業務を行ったりできるような、より質の高いユーザビリティやモバイルアプリケーション、そしてインターフェースの開発が可能になります。

  4. 事業買収・売却を加速させる
    これらの取引は、大きなリスクを伴い必要な事業統合のために財務的な影響を与える可能性があります。業務継続が極めて重要な場面では、厳格なタイムラインが必須となることがあります。クラウドERPは、このような時間的制約のある機会にシームレスに管理することを可能にします。

  5. グローバル展開の機会をつかむ
    多くの企業が、海外展開のための戦略的メリットを探っています。しかし、一つの利点だけが子会社すべてに適合するわけではありません。また、ERPというバックボーンを維持しながら、より軽量なファイナンスソリューションによって、子会社をサポートしなければならないかもしれません。クラウドは、そういったプラットフォームの柔軟性を可能にします。

  6. /
  7. 重要なセキュリティ基準の導入
    セキュリティ自体が成長の原動力となることはありませんが、重大なセキュリティインシデントは確実に成長を妨げ、従業員や顧客との信頼にダメージを与えかねません。クラウドの高度なセキュリティケイパビリティ は、分析から脅威のインテリジェンスに至るまで類を見ない程の性能を有しています。また、簡素化されたセルフサービスと自動パッチング適用によって、より質の高いコンプライアンスやガバナンス、そしてコントロールが実現できるでしょう。

レガシーERPシステムからクラウドに移行する理由は説得力がありますが、それ以上に説得力があるのは、ビジネス目標や企業価値に影響を及ぼす要因に合わせて複数の実行可能なパスが存在することです。ある企業はアーキテクチャが混在するハブ&スポークモデルを選択し、ある企業はレガシーシステムを最新のテクノロジーで包み込むサラウンドモデルを選び、さらには、新しいプラットフォームを全面的に導入しレガシーシステムと完全に入れ替える企業も現れるでしょう。このような柔軟性は、顧客にとって大きな安心感につながります。

ページをシェア