Loading...

未来のテクノロジーに関する意思決定に、 ITはどのような影響を与えるでしょうか?

デジタル社会が進行する中で、IT部門以外が、テクノロジーに関する意思決定とIT予算の管理を担う場面が増加しています。この「境界なきIT」への変化は従来のテクノロジー部門にとって何を意味するのでしょうか? その答えを見つけるため、アバナードは1,000人を超えるグローバルビジネスとITのリーダーを対象に調査を実施しました。調査では、IT部門とさまざまな事業部門間の緊張が高まっている一方で、新たなチャンスも生まれていることが示されました。 このテクノロジーの変化を受け入れている企業は、IT部門が企業にとって組織を成功に導く戦略的アドバイザーになると見ています。

調査をダウンロード

主な結果 : IT部門の変化する役割と新たなスキル

研究によると、IT部門にはコンサルティングを主な任務とする新しい「サービスブローカー」モデルが生まれていることが示されています。調査では次のことが分かっています。

  • テクノロジー関連の支出の37%がIT部門以外で発生しています。
  • 79%の経営幹部が、IT部門が関与しなくても、より迅速により優れた意思決定ができると考えています。
  • IT 部門の35%がサービスブローカーモデルに向けてすでにシフトしています。
移行する準備ができていますか?

リサーチ
ITは変化しています – 対応できますか?

ITの役割が変化しています。ビジネスにどんな利点をもたらすことができるかをご覧ください。

ブログ
IT部門が無関係になりつつある?

企業のIT部門が、従来の課題と新たなチャンスのバランスをとる必要がある理由を説明します。

次のステップ

アバナードの「境界なきIT」調査の詳細と、そのデータがお客様のビジネスにどのように役立つかについてご説明します。

お問い合わせはこちら
閉じる
Modal window
Contract
このページをシェア