Loading...

デジタル倫理に基づいて行動

AI、ロボット工学、モノのインターネットなどの新しいテクノロジーが広く使用されているために、あらゆる組織が公共のデジタル倫理問題の危険にさらされており、予期せぬ結果を招く可能性があります。早急にデジタル倫理の対策を講じる必要があり、そうでなければ顧客と従業員の忠誠心が揺らぎかねません。

対策を講じるとは、指針とルールを確立し、トレーニングを提供して変更を管理し、公的な議論や提唱に参加することです。最も重要なことは、倫理の仕組みを構築することを業務に取り入れるためのベストプラクティスとツールを従業員に提供することです。

このレポートでは、デジタル倫理を定義し、倫理面を正しく実践することの利点と不十分な場合の損失について説明します。企業がデジタル倫理について何を実施しているか、どのように対策を開始できるかについて考察しています。大規模な組織の設計、イノベーション、および技術の選択に影響を与える新たな傾向に関するアバナード・トレンドライン・シリーズの最新版です。 

レポート

トレンドライン:デジタル倫理

行動を起こしましょう。事例を紹介します。

トレンドラインレポート:よりスマートな投資を

ビジネスのデザイン、イノベーション、テクノロジーの選択に影響を与える、新たなトレンド。

ブログ

デジタル倫理:会話から行動へ

今こそ行動を起こすときです。

ブログ

デジタル倫理フレームワークで急務なことを、AIが促進

「見たときに分かる」は十分ではありません。

デジタル倫理への取り組み

アバナードでは、グローバルな部門横断的デジタル倫理に関する対策委員会を設置し、デジタル倫理フレームワークの適用を展開し、指導しています。最終的な決定は当社の倫理およびコンプライアンス評議会が行います。このフレームワークは4つの要素で構成されています。

公正かつ包括的:システムが同じ特性または資格を持つすべての人に対して同じ推奨事項を提供するように、AIなどのデジタル・システムのバイアスを識別および消去する必要があります。

人間の説明責任:デジタル・システムを設計および展開する人は、そのシステムがどのように動作するかについて説明する責任を負う必要があります。

信頼性:デジタル・システムは、使用するデータの持ち主、およびシステムが誰に決定を下すか、または決定を推奨するかについての同意を得て動作しなければならず、その同意は通知されなければなりません。

順応性:デジタル・システムは、予期しない状況に安全に反応し、当初の目的と矛盾するような方法で展開しないように設計およびテストする必要があります。

digital ethics research

トレーニングとガバナンスが重要

対策委員会は、倫理フレームワーク以外にも、デジタル倫理を従業員のトレーニングに組み込むことや、恒久的なガバナンス・モデルを導入することなど、いくつかの目標を設定しています。

次のステップ

デジタル倫理に関するガイドは1つもありませんが、組織がすぐに実行できるステップがあります。あらゆる組織が必要とする3つの基本的な要素は以下のようなものです。

困難な製品開発の選択を行い、それを推進する倫理原則について透明性を保つ。

製品設計およびリスク管理プログラムに

倫理の仕組みを導入する。潜在する倫理的な問題と、それが発生したときに実際の問題に対処する方法の両方について、予防的なコミュニケーションを行う。

意見を述べる。業界またはコミュニティのフォーラムに参加して、組織に導入するためのベストプラクティスを共有し、学ぶ。デジタル倫理に関する会社の公共政策の推奨事項について意見を述べる。

トレンドラインレポート:よりスマートな投資を

ビジネスのデザイン、イノベーション、テクノロジーの選択に影響を与える、新たなトレンド。

良いボット、悪いボット:AIの倫理を解明する

人間を介入させておくことの重要性。

野獣の性質

人間とAIがいかに平和的に共存できるかについてはこちらをお読みください。

お問い合わせ

倫理フレームワークやガバナンス・モデルに関するアドバイスなど、倫理面において当社が提供できるサポートをご確認ください。

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア