Loading...

データ・サイエンスが組織の持つ力を最大化

未来に備えられている、すなわち、Future readyな組織は好奇心、そして探求心旺盛。データサイエンスの力をビジネス資産と捉え、組織全体でそのインテリジェンスを活用します。

アルゴリズムの時代、データ・サイエンスは単なる技術の一つとしてとらえてはいけません。データ・サイエンスは組織に備わった能力です。先進的な企業では、部門の壁を壊し、分野を横断して結集したチームが、データ・サイエンスをはじめエマージング・テクノロジーを駆使し、様々なビジネス課題をクリエイティブに解決しています。

マサチューセッツ工科大学情報システム研究センター(MIT CISR)によると、このような先進的企業は、業界平均より16%業績がよいそうです。多様性に富んだチームは、組織の能力を最大化できるのです。

では、どうしたらデータ・サイエンスとデザインを融合させ、変革を進めればよいのでしょう?本レポートは、企業をデザインし、イノベーション、テクノロジーの選択に影響を与える最新トレンドをお伝えするアバナード・トレンドライン シリーズの最新版です。

レポート

インテリジェンスとデザインの融合

データ・サイエンスが組織全体に浸透したとき、1+1=3 が実現します。

レポート

トレンドライン:よりスマートな賭けをする

大規模組織におけるデザイン、イノベーション、テクノロジーの選択に影響を与える、新たなトレンド。

ビジネスの課題

Future Ready.Now.を実現する

調査結果から判明した変革を遂げるための重要な構成要素。

ブログ

不可能を可能にする:#FutureReadyNowを実現する

組織全体にインテリジェンスを浸透させることが必要不可欠。

次のステップ

組織全体で、データ・サイエンスとデザインを融合させるために今できる具体策をご紹介します。

データ・ラッピングの概念を掘り下げる。プロダクトマネジャーは、データ・サイエンティストやデザイナーと協働することで、データが豊富な機能やエクスペリエンスを製品に追加したり、新しいタイプの製品や社内アプリケーションを構築できます。

デザイン、データ、セールスなど、部門を横断したチームを結成。そして、彼らに顧客向け製品同様、社内用アプリも、ビジネス改善の機会として見直ししてもらう。社員がもっと元気になるためにはどう進めればいいか、彼ら自身社員であるから、よく分かっている。データ・サイエンス・ツールがより使いやすいものになるにつれ、彼ら自身が、データ・サイエンティストのようになっていくでしょう。

組織全体で、創造性と探求心を育成。問題解決にあたり、彼らデータ・サイエンティストに、デザインシンキングを実践し、いろんなアプローチを考えてもらいます。そして、思い切って、彼ら社員に任せてみましょう。たとえそれが、予想外のアプローチだったとしても。

インテリジェンスとデザインの融合

データ・サイエンスが組織全体に浸透したとき、1+1=3 が実現します。

ダウンロード
トレンドライン:よりスマートな賭けをする

大規模組織におけるデザイン、イノベーション、テクノロジーの選択に影響を与える、新たなトレンド。

Future Ready.Now.を実現する

調査結果から判明した変革を遂げるための重要な構成要素。

不可能を可能にする:#FutureReadyNowを実現する

組織全体にインテリジェンスを浸透させることが必要不可欠。

お問い合わせ

アバナードが提供する、未来に備えたエンタープライズへの移行に着手するためのサポート、または移行において次のステップへ進むためのサポートについて、詳細をご確認ください。

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア