Loading...

COVID-19危機は、リモートワークの実現に対するニーズを増大させました。迅速な対応へのニーズは今なお高いままです。しかし今は、職場と従業員の枠を超えて、より広範な変革が求められています。

レジリエントで俊敏性に優れたビジネスを長期的に構築するには、ビジネス運営だけでなく、職場の文化や従業員体験への対応にも重点を置く必要があります。この総合的なアプローチは、アバナードのワークプレース体験フレームワークの核であり、回復期に向けてどのように前進するかを見直すにあたって、ワークプレースと従業員に関する意思決定に役立ちます。

WXは単なる手法ではなく、真の競争優位性をもたらすチャンスです。アバナードの調査によると、WXのスコアが上位20%に入る企業は、危機的状況の中でも回復力が高く、同業者をしのいでいます。

この新しいレポートでは、ワークプレース戦略のコントロールをCOVID-19から取り戻すために取り組む必要のある重要な考慮事項を探ります。さらに、より包括的なWXアプローチを実現するための5つのステップについて説明します。

  1. 将来の(仮想および分散型)ビジネス、職場、および従業員体験の青写真とロードマップの確認
  2. 職場のテクノロジー・エコシステムの近代化、拡張、および完全活用によるビジネスの俊敏性、回復力、およびROIの向上
  3. お客様第一主義と俊敏性を高めながら、サービスにかかるコストを削減するための作業方法の再構成
  4. 新しい働き方、人材要件、コストベースの見直しに合わせた、従業員とソーシング構成の調整
  5. 職場の分析と洞察の強化による、職場のテクノロジー、従業員体験、およびビジネス活動間の摩擦の解消

ニューノーマルの世界で生き残り、逆転勝ちするために、ワークプレースと従業員をどのように見直せばよいのか、最新のレポートはこちらからご覧になれます

Next Steps

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア