Loading...

ICA-Roslagstull社:インテリジェント ストア ソリューションで最先端のお買い物エクスペリエンスを実現

背景

ICA-Roslagstull社は、ストックホルムを拠点とする大手食料品小売企業です。競争の激しい市場で優位に立つために、店舗内での顧客体験を強化しつつ、従業員の効率性を高めるための革新的な方法を探していました。

ソリューション

同社はアバナード、マイクロソフト、Ombori社と連携し、アバナードのインテリジェント ストア ソリューションを採用することにしました。最初に導入したのは以下の3つです。

  • 商品棚アラート モジュール:店舗内天井に設置されたカメラが棚の製品がなくなると検知し、店員のデバイスアプリに棚の補充を伝えるアラートをリアルタイムに自動で送信します。

  • 顧客アラート モジュール:顧客は店舗内いたるところに配置されたデジタル画面で、製品情報や在庫、類似した製品を検索したり、店員を呼んだりできます。

  • 異物アラート モジュール:店内カメラが床に何かが落ちていることを検知すると、店員のデバイスにリアルタイムでアラートが送信されます。

ICA-Roslagstull社の店員は、これらが発生すると、店内のどこにいても、モバイルデバイスでほぼリアルタイムに通知を受け取れるようになりました。これらの通知には、適切なアラートをタイミングよく適切な人へ送信できるマッチ メイキング アルゴリズムが採用されているため、店員は事前に決められたスケジュールに従うのではなく、必要に応じて臨機応変に対応することができます。アバナードのインテリジェント ストア ソリューションにより、店員の手元にあるモバイルデバイスに、店舗内のどこで、どんなサービスが必要なのかが表示されます。そしてそれらの情報は最終的には集計されて、インサイトや学習に利用されます。

成果

アバナードのインテリジェント ストア フレームワークは組み換えや繰り返しが可能なモジュール方式の「エクスペリエンス イン ア ボックス」アプローチを採用しています。これはエクスペリエンスの向上を目標としたアプローチであり、関与するすべての人にメリットがあります。顧客は商品だけでなく、その関連情報をすぐに入手でき、ショッピング体験はより便利で快適になります。店員は必要な作業についての通知を的確に受け取れ、容易かつ迅速に対応することができます。ビジネスとしては、リアルタイムの通知により顧客エンゲージメントと売上の向上を実現できます。

関連する事例

ページをシェア