Loading...

リテール・バンクのワークプレイスの再定義

banking-workplace-pov-thumbnail

リテール・バンクはどのようにワークプレイスを変革できるか

リテール・バンクでは、カスタマー・ジャーニーを差別化したいと考えています。ワークプレイスの変革が、その答えです。アバナードの取り組みにより、従業員は現代的なプラットフォーム、銀行文化の再考、運用の最適化を通して、快適な銀行取引を提供できます。ワークプレイス・エクスペリエンス(WX)はまさにこうしたアプローチです。

優れたWXは、もはや「あると役立つもの」ではなく、「なくてはならないもの」です。マサチューセッツ工科大学情報システム研究センター(MIT CISR)によると、この点について適切に対応できる企業は、利益の創出、市場投入までの時間短縮、変化能力において優れた実績を出すそうです。また、顧客満足度とイノベーションは2倍に、利益は25%増加します1

ワークプレイスはコスト・センターではありません。アバナードは、ワークプレイスを持続可能な価値を創造する場、つまり従業員体験と顧客体験が同等に扱われる場として再定義するための支援を提供します。ガイドをダウンロードして、詳細をご確認ください。

(1)「Building business value with employee experience」、Kristine Dery and Ina M. Sebastian、MIT Sloan Center of Information Systems Research(CISR)、Research Briefing、Volume XVII、Number 6(2017年6月)

登録して、ワークプレイス・エクスペリエンスを創造するためのリテール・バンキング向けガイドをダウンロードしましょう。

Next Step

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア