Loading...

予算のわずか1%以内でインフラストラクチャーの統合を実現し、職員の生産性向上に貢献。

現状

米国テキサス州ヒューストンにあるテキサス州立大学MDアンダーソンがんセンターは、がんの治療、研究、教育における世界有数の病院として高い評価を得ています。同センターが、マイクロソフトインフラストラクチャー上にIT環境を集約することを計画した際、作業範囲、事業計画の両面においてそれは大掛かりなものになると予測されました。具体的には、775もある部門間で、14の半自律制御の情報システム環境を統合するプロジェクト計画のコーディネーションを行い、職員18,000名分の電子メールボックスを移行するほか、約44,000件の旧ユーザーアカウントのクリーンアップと照合、25,000台ものWindowsまたはMacintoshベースのコンピュータの移行が必要でした。

ソリューション

アバナードは、ディレクトリ、ファイル、印刷サービス、メッセージングプラットフォームを含む、Microsoft®テクノロジーをベースとする統合ITインフラストラクチャーを導入しました。アバナードが用いたのはAvanade Connected Methods for Technology Infrastructureというプロジェクトライフサイクル方法論です。また、Messaging Migration Engineという自動スケジューリングツールにより、プロジェクトの複雑な事業計画を単純化しました。

成果

現在、MDアンダーソンがんセンターには単一の統合インフラストラクチャーが構築されています。より効率的なコミュニケーション、コラボレーション、研究、管理、患者主体の治療を可能にするインストラクチャーです。非常に複雑なプロジェクトでしたが、期日内に予算のわずか1%で実現することができました。

テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンター

テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンター 電子カルテ事例2ダウンロード

テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンター

テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンター 電子カルテ事例1ダウンロード

関連する事例

お問い合わせ

貴社でどのようなお悩みがあるか、まずはお聞かせください。お悩みを解決する最適なソリューションをご提案いたします。

お問い合わせフォーム
閉じる
Modal window
Contract
このページをシェア