Loading...

Melin Collectors社は自動化によって効率を高め、手作業を削減

プロジェクトの背景

Melin Collectors社は成長している企業です。ノルウェーを拠点としており、主に医療サービス業界に特化し、幅広い請求および債権回収サービスを顧客に提供しています。同社の回収プロセスには、紙ベースの作業が多く、文書をスキャンしたり、手動でシステムに入力したりする必要がありました。日々の報告業務も毎朝手動で行われていたため、ファイルを閉じたり、料金を徴収したりなどに時間とリソースがかかりました。

より多くのクライアントから仕事を引き受けるにつれて、その結果生じる業務を処理するために追加のスタッフを雇う必要がありました。1年以内に、文書を処理し、毎日のレポートを実行していた従業員は8人から24人に急増しました。同社はこれ以上人員を増やさずに成長をサポートするために、インテリジェント・ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)を使用して手動プロセスのいくつかを自動化したいと考えていました。この戦略を展開する中、幹部たちは、すべての従業員を同戦略に関わらせ、RPAは会社の労働力を減らすのではなく従業員の能力を補強するためであることを理解させました。

「アバナードのコンサルタントがやってきて、チームの一員として当社の従業員と一緒に働いてくれました。スーツとネクタイ姿で現れるコンサルタントがいる中、アバナードは昔からそこにいたかのように仲間に加わりました。それが大きな違いをもたらしました」

Simen Hønsi氏 Melin Collectors社、最高執行責任者

ソリューション

Melin Collectors社はアバナードと提携して、Microsoft Azureクラウドプラットフォーム上でホストされている、市場をリードするRPAソフトウェアであるBlue Prismを使用して、文書入力、管理およびデータ報告など、日々の20の優先プロセスを自動化しました。このソリューションにより、将来に向けた一貫性と柔軟性を確保できます。このソフトウェアは、優先度が高いプロセスの自動化を有効または無効にでき、必要なときにいつでもどこでもリソースを確実に割り当てることができるため、業務の俊敏性を維持できます。

このソリューションの開発と導入は迅速に行われました。8週間のパイロットプログラムの後、私たちのチームは進行中の案件にRPAを導入し、同社の未処理案件を徐々に減らしていきました。

成果

プロジェクトの開始後、RPAは識別されたプロセスの80%以上に実装されています。このプロセスにより、同社はソリューションの導入後わずか1か月で、未処理案件を数万件からゼロまで削減することができました。Blue Prismソフトウェアの付加価値効率を定量化すると、プロジェクトはこれらのプロセスの手作業をおよそ53%削減し、未解決案件の89%は人手をいっさい介さずに完了しました。

Melin Collectors社にとって最大の誇りは、RPAソリューションが従業員の仕事を維持しながら、従業員と共に機能することです。これは人間の労働力をロボットに置き換えるということではありません。これは、紙ベースのプロセスを自動化することで、従業員エクスペリエンスを向上させ、業務をより効率的に遂行する結果、ビジネス・ニーズに十分に対応できるようにする好例です。

関連する事例

ページをシェア