Loading...

Raiffeisen Bank Internationalは、Microsoft Office 365で国境を越えたモバイルコラボレーションを実現

プロジェクトの背景

Raiffeisen Bank International AG(RBI)は、オーストリアに本拠を置く大手法人向け投資銀行で、中東欧地域(CEE)にわたり事業展開しています。2,400以上の拠点で約50,000人の従業員を擁し、1,660万のお客様にサービスを提供しています。RBIの国際的なプレゼンスと増加続ける銀行間のコラボレーションにより、将来のワークプレース体験構築のために、強力かつ新しい技術基盤を築き上げることが必要になりました。そこでMicrosoft Office 365を採用しました。

「新しい戦略『A New World of Work』の一環として、新たな手法や働き方を導入したいと考えていました」と、Office 365への移行を指揮した、RBIのシニアプロジェクト マネージャーであるWolfgang Hausner氏は振り返ります。銀行のさらなるデジタル化の基盤としてのみならず、革新的でコラボレーションを促す働き方として、新しいOfficeソフトウェアスイートを導入することが計画されました。

ソリューション

Office 365を採用するという判断は素早く下され、さまざまな国の従業員や支店の間でコラボレーションも加速しました。また、統合コミュニケーションシステムとしても機能し、最新のワークプレースの基盤を確立します。Office 365の利点は、マイクロソフトを経由した安全なクラウド接続と、すべてのアプリケーションがモバイルデバイス上など、どこからでもフルに利用できるということです。

アバナードとRBIの変更管理チーム、HR部門、コミュニケーション部門との緊密なコラボレーションを通じて、移行過程が設定されました。チェンジエージェントとチェンジアンバサダーが従業員を指導し、新しい可能性を示し、関与を奨励しました。トレーニングも提供されました。

成果

プロジェクトは大成功でした。「Office 365によって、『A New World of Work』の基礎を築き、将来に備えることができました。簡単に言うと、適切な基本テクノロジーがあれば、共有デスク、在宅勤務などあらゆることが可能になります。」と、Hausne氏は述べます。「スタッフが最も熱心に取り組んだのは、Skypeです。Skypeを使用すれば、オフィスにいる人やミーティングに出ている人が一目で確認できます。チャットも可能で、問題が複雑になって自分で解決できない場合でも、直接コールができます。問題が複雑過ぎても、ボタンをタッチすればデスクトップ共有を起動できます。すべてが1つのアプリにまとめられているのです。」

またRBIではOffice 365スイートによって、国境を越えた世界中での、さらには社外のパートナーやお客様とでも、コラボレーションが可能になりました。プロジェクトが完全に完了する時点では、同社のユーザーは15か国で50,000人以上になります。

アバナードがMicrosoft Office 365によってどのようにお客様のワークプレース体験の変革をサポートするかについて詳しくご紹介します。

関連する事例

image for contact-us

次のステップ:

お客様やお客様の顧客に価値に合わせて、ソリューションをご提案します。

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア