Loading...

動的アプリケーション・ライフサイクル管理の導入により、高品質なアプリの短期開発を実現

背景:老朽化したシステム

オーストリア郵便(Austrian Post)では、1,800ヶ所の支店で24,000人が働いており、年間15,000ヶ所の郵便ポストを管理し、8,000万個の小包、8.6億通の手紙、35億個の販促品を取り扱っています。

この複雑で多様な組織の中枢にあるITランドスケープは、長年にわたり構築されてきたもので、都度直面する課題に対応してきました。オーストリア郵便のIT部門にとって重要な目標であるデジタル改革を達成するために、オーストリア郵便は最新のテクノロジーや、メソッド、規格を導入し、将来に向けたITシステムの最新化に着手しました。その中でも、クラウドで実行するITアプリケーション開発の最適化は特に注力した分野でした。最新化が成される前は、ITアプリケーション開発に約200のアプリケーションが使用されていました。さらに、多数のシステムが並行して稼働しており、チーム間での透明性や協力に欠ける事態に陥っていました。

「アバナードの技術的専門知識とプロセスに関する知識、戦略的アプローチに基づくコンサルティングには、最初から驚かされました。そして、すぐに我々の選択が正しかったと確信したのです。」

Horst Bratfisch氏 オーストリア郵便 - アプリケーション開発責任者

ソリューション:多彩なコンサルティングによるプロジェクトの成功

オーストリア郵便では、プロセス内の各手順が示される均一的な原理に基づいたITアプリケーション開発のためのアプリケーション・ライフサイクル管理が必要でした。

そこでオーストリア郵便は、ヨーロッパでホスティングされているMicrosoft Azure Cloudソリューションで、最新化に必要なすべてを備えている、Microsoft Visual Studio Team Services (VSTS)を最適なプラットフォームとして選定しました。そして、プロジェクトを成功させるためのサポートをアバナードに依頼したのです。目的は、依頼時には明確に定義されていました。アプリケーション開発を自動化し、コラボレーションを改善することです。しかし、アバナードはそれだけでは不十分と考え、さらに高いレベルのスピード、効率性、そして透明性を実現しました。

成果:アプリケーション開発力、スピード、品質の向上

新システムの導入から程なくプロジェクトのメリットが現れ、ITアプリケーション部門はアプリケーションのクオリティに感嘆の声を上げました。スマートなアプリケーションによって、自社内で容易に、かつ迅速に手紙の配達順序を決定するプロセスなどをプログラムできるようになったのです。Bratfisch氏は、「以前なら少なくとも3週間は必要な作業でした。」と振り返ります。以前は相当の努力と時間、マニュアル作業が必要であったプロセス構築が、今では人が監視することなく、翌日には導入できるようになりました。

オーストリア郵便ではこれから、リクエスト管理と業務の引継ぎに特に注力しつつ、システムを拡張していく予定です。そして、この質が問われる重要な案件をアバナードに引き続き依頼する予定です。

クライアント
オーストリア郵便事例

オーストリア郵便の事例(英語)

関連する事例

お問い合わせ

貴社でどのようなお悩みがあるか、まずはお聞かせください。お悩みを解決する最適なソリューションをご提案いたします。

閉じる
Modal window
Contract
このページをシェア