Loading...

Felix Projectが飢餓の撲滅に向けてデジタル変革を導入

プロジェクトの背景

Felix Projectは、地元の食品小売店、レストラン、卸売業者、農場などと協力し、商品にはならないけれど、新鮮で栄養価の高い食品を確保し、これをロンドン全域の350以上に上るその他非営利団体や小学校、ホリデー・プログラムなどに提供することで、差し迫った食料貧困の問題解決を支援しています。しかし、分散されたシステムを使用し、接続されたインターフェイスがなかったため、運用は効率的とは言えませんでした。

Felix Projectでは、2024年までに、現在提供している量の10倍にあたる毎年1億食相当の食品を再配布するという野心的な目標を推進するには、変革を実施する必要があると認識していました。しかし、Felix Projectには自前のIT部門がなく、デジタル変革に向けて信頼できるパートナーからのサポートが必要でした。そこでアクセンチュアとマイクロソフト、そして両社のジョイント・ベンチャーであるアバナードにサポートを求めました。

ソリューション

このソリューションは、経路およびボランティア管理、顧客関係管理、ボランティア・ドライバー用のモバイル・アプリケーション、レポート作成と分析用プラットフォームの組み合わせからなります。このすべての基盤となったのが、Power Appsポータル、Dynamics 365、Power BIを含むMicrosoft Power Platformです。アクセンチュアとアバナードがプラットフォームの開発と導入を手がけ、6週間かからずにパイロット・テストに着手しました。それからわずか4週間で、このソリューションの導入が完了し、現在は組織全体で使用されています。

成果

このソリューションは、Felix Projectの運用方法見直しを支援し、以下の点で価値を提供していきます:

  • 成長を後押しする、未来に向けたプラットフォームを提供する
  • 迅速な効率化と経路の最適化を推進する
  • データ主導の意思決定とイニシアティブの成功評価を実現する

このプラットフォームがFelix Projectの技術的成熟度と、その野心的な目標の達成に向けた強化に及ぼす影響を、いくら強調してもしすぎることはないでしょう。

お客様事例

The Felix Project

The Felix Projectのお客様事例

関連する事例

ページをシェア