Loading...

デザイン、イノベーション、テクノロジーに関する新たな考え方

テクノロジーが社会に与える影響は、ここ数年間で大きく変わってきています。テクノロジーがますます公私関係なく生活に根付いてきており、こうした変化に企業は消極的な関与者でいることはできません。

高度なテクノロジーの大衆化によって、多くの企業はビジネス変革に着手、あるいは導入の計画が進行しています。戦略の開発や実施と共に、ソーシャル、モバイル、クラウド、データ、さらにAI、ブロックチェーン、そして量子コンピュータまでを含んだ変化の波に乗らなければならない、この道のりはとても複雑です。

ヒトに影響を(#humanimpact)

大企業では、変革が従業員やお客様、さらには社会にまで及ぼす影響について検討する必要があります。責任のある行動をし、そのような責任を果たすための原則を開発しなければなりません。その原則の中で、デザイン、イノベーション、テクノロジーについて貴社がどのように考えているかを伝えるべきです。これらの考慮事項が今後一年程度にわたって最も重要になる可能性がある以下の3つのトレンドラインを予測しています。

詳細についてはトレンドラインに関するレポートをお読みください。

ブログ

デジタル倫理:会話から行動へ

今こそ行動を起こすときです。

視点

ヒト中心のAI

拡張した従業員力が成功の鍵です。

視点

トレンドライン:対話型AI

貴社に活気をもたらす、ボットを超えるテクノロジー。

次のステップ:

お客様、従業員、さらに社会にまで影響を及ぼすトレンドラインについて詳しくご紹介します。

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア