Loading...

スピードの追求

人工知能や他の高度なテクノロジーの出現によって労働力が刷新される昨今、アバナードはマサチューセッツ工科大学情報システム研究センター(MIT CISR)と協力し、企業や組織が将来に向けてより迅速に対応して備えられるように支援しています。

「MIT CISR (マサチューセッツ工科大学情報システム研究センター)の調査によると、優れた従業員エクスペリエンスを実現している企業の上位4分の1にランクインする大企業は、下位4分の1を占める企業に比べて革新性が2倍、収益性も25%高いという結果を示しています。MITスローン経営学大学院の情報システム研究センターは、アバナードの調査への協力を喜んで歓迎してくれています。」

Peter Weill氏 MIT CISR会長兼シニア科学研究員

アバナードのアプローチ:組織がデジタル・ワーカーを育成し、AIファーストの世界に備えるようにアバナードが支援

企業の管理職を対象としてアバナードが実施した最近のグローバル調査では、企業が2020年以降も市場で存在性を維持するには、デジタルおよびAIテクノロジーを実装して人的生産性を高めることが不可欠であることが明示されました。アバナードはこれまでにも、世界を股にかける数百の顧客と共に業務対応しながら、顧客が革新的戦略を展開し、従業員及びカスタマー・エクスペリエンスの両方を最適化するデジタル・ツールやプロセスを実装できるように支援してきました。

アバナードはデジタル変革や人的革新に関する専門知識を備えていますが、これらは、MIT CISRの研究の重点項目(特にデジタル・ビジネス設計、従業員エクスペリエンス、データおよび分析、そしてコグニティブ・コンピューティング)と密接に結びついています。

リサーチ
生産性の停滞を打開

インテリジェントな自動化システムは、労働力を変えていきます。貴社とその従業員にはどのような影響をもたらすでしょう?

ソリューション
コンサルティング・サービス

体験と革新性でビジョンの橋渡しをする。

お問い合わせ

より迅速に未来に備えるために、アバナードがどのように役立つかをご説明します。

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア