Loading...





世界各国にいるアバナードの輝いている人たち

アバナードにあるのは、テクノロジーだけではありません、そこには従業員たちがいるのです。アバナードでの毎日がどのようなものかをご紹介します。

ダイバーシティ&インクルージョン

アバナードでは、多様で包括的な職場環境作りに取り組んでいます。さまざまなアイデア、視点、経験が、企業を成長させ、それが従業員を大切することにつながります。より革新的に。より生産的に。よりスマートに。より早く。

世の中が変化しようとも、アパナードは多種多様な従業員の力で、お客様やお客様の顧客により良いソリューションを提供し続けています。

地域社会におけるアバナードの活動詳細については、企業市民活動のページをご覧ください。

”私はこのD&I戦略を必ず成功に導きます。ですので、社員にも同じ意気込みを期待しています。”

Adam Warby アバナード - CEO

従業員同士のつながり

アバナードには従業員同士が交流しサポートし合えるさまざまなグループ(Employee Resource Groups - ERG)があり、従業員の行動力、情熱、経験を活かし、一体感を促しながら、より意識の高いグループを作り出しています。

例えば、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、クエスチョニング、ストレート・アライ)、退役軍人、女性といったグループがあります。各グループは、イベントや、交流会、リソース、ガイダンス、情報、支援など、さまざまなイニシアチブを通じて、メンバーだけでなく、会社全体を幅広くサポートしています。

  • 女性従業員メンター制度やリーダーシップ研修、女性技術者の集まりなどを通して、あらゆる立場の女性をサポートしています。
  • 退役軍人従業員民間人としてのキャリアをスタートさせる退役軍人を歓迎し、サポートと能力開発の機会を提供します。
  • LGBTQおよびその賛同者と連携し、全体的な一体感を促進しサポートします。

地域社会に貢献する

“アバナードの企業理念のひとつである「より良き社会への貢献」は、アバナードの文化と使命を支える考え方です。この企業理念は、私たちのお客様、従業員、そして私たちが生活している地域社会に対する貢献に繋がっています。

アバナードでは、従業員主体のボランティア活動を推進しており、ボランティア参加のための有給休暇制度や、従業員の寄付先へのマッチファンディングを通してサポートしています。
このような社会貢献が、アバナードで行っている企業市民活動の中核を成しています。

日本

セカンドハーベスト・ジャパンの協力により、上野公園で路上生活者の方々に昼食の炊き出しを行いました。

オーストラリア

ITや、工学、科学といった分野を学ぶ学生たちのグループ「Girl Geek Coffees」の企業アンバサダーを務めており、シドニーとメルボルンのオフィスで、定期的に彼らのイベントを開催しています。

スペイン

エクアドルでの職業訓練資金調達を目的としたファンドレイジングレース、Entreculturasに従業員が参加しました。

カナダ

アバナードとアクセンチュア合同で、美しいバンクーバーの海岸線の清掃活動に参加しました。

アバナードの一員になりませんか?

アバナードのカルチャーや企業としての取り組みの一部をご紹介します。

アンケートにご協力ください

回答する
閉じる
Modal window
Contract
このページをシェア