Loading...

複合リアリティでトレーニングを効率化:ABB Turbocharging社

プロジェクトの背景

対応には専門エンジニアが必要で、世界にはこのようなエンジニアが700人しかおらず、かつ最新のトレーニングが重要だとしたら、どうしたらよいでしょう?適切なスキルを適時に適材に届けることができるようにする、それが目標でした。

そこで、アバナードはABB Turbocharging社に最新の画期的デバイス、マイクロソフトHoloLens 2を導入し、トレーニングを効率化しました。これは、クラウドとAIを組み合わせた没入型の複合リアリティデバイスで、効果的な学習、コミュニケーション、コラボレーションを支援します。

マイクロソフトHoloLens 2の導入により、リアルタイムにインテリジェンスを提供し、日常業務における迅速な意思決定が可能となり、ダウンタイムや修復所要時間が短縮され、サービスレベル維持や生産性の向上が実現されました。

営業&サービスのリモートアシストテクノロジーについてはこちらをご覧ください。

関連する事例

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア