Loading...

大手ヘルスケアシステムが、がん患者事例の検討数をこれまでの3倍に増加

プロジェクトの背景

この大規模なヘルスケアシステムは、がん治療の改善を目的として、さまざまな専門家が集まり、がん患者の事例について検討して話し合う腫瘍委員会プログラムを実施しています。専門家は多忙なスケジュールにより、常に物理的に会議に出席して意見を提供できるとは限りませんでした。そこでアバナードと連携し、時間や場所、デバイスにかかわらずプロセスに参加できる、コラボレーティブなデジタルワークプレイス プラットフォームを作成しました。

ソリューション

1日のワークショップ内で、アバナードはMicrosoft Office 365ツールを使用した仮想腫瘍委員会のプロトタイプを提示しました。その後、パイロットソリューションを構築し、TeamsとOneNoteを使用して患者ファイルに簡単にアクセスおよび共有してコメントを記入できるように、従業員に対してトレーニングを行いました。SharePointとPower BIのレポート作成機能により、患者の診断と治療をしっかりと追跡して、さまざまな規制を順守し、要件を聞き入れることができます。

成果

仮想腫瘍委員会のメリットは、次のように多岐にわたります。

  • プログラムに参加する医師や看護師が増え、患者の処理数が3倍に増えた
  • 病院が診断や治療に要する時間が短縮されたことで、がん治療プロセスをしっかりと追跡し、患者の転帰を改善する戦略を提供できるようになった
  • 治療の選択肢が幅広い専門知識に基づいているため、患者は安心できる


仕事の未来により、エンゲージメント、生産性、ビジネス価値を高められます。

大規模なヘルスケアシステム

事例紹介の全文はこちらです。

関連する事例

次のステップ:

お客様やお客様の顧客に価値に合わせて、ソリューションをご提案します。

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア