Loading...

シカゴ連邦住宅貸付銀行:18年間アバナードとの連携で住宅ローンプログラムを推進

プロジェクトの背景

シカゴ連邦住宅貸付銀行(Federal Home Loan Bank of Chicago:HLBC)は、1900年代初頭から半ばにかけて米国の住宅建設を支援するために設立され、現在は、米国50州および全領土の1,400のコミュニティの貸し手を支援しています。

FHLBCでは、ビジネスと変化する市場のニーズに合わせてテクノロジーを継続的に進化させる必要がありましたが、これまで18年間にわたり、テクノロジーパートナーであるアバナードの専門知識を活用して、住宅ローンプログラムを成功させてきました。アバナードとの関係は、最初は1つの事業部門からから始まり、銀行全体に拡大していきました。アバナードのソリューションは、顧客管理(CRM)ワークプレースデータ人工知能クラウドへと広がっており、HLBCの業務と使命への深い理解が、長期間のパートナーシップを成功させる鍵となりました。

アバナードのマネージド・サービスを活用して、ITポートフォリオを継続的に管理し、進化させる方法についてご説明します。

関連する事例

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア