Loading...

Avanade Connected Methodsを使用して、社内アプリケーションの開発スピード、品質、リリースの頻度を向上。

ビジネスの状況

世界81か国で400のオフィスと1万8,000名を超えるグローバルスタッフを擁するGroupM社は、世界最大のメディア投資管理グループとして成功を収め、業績を拡大しています。GroupM社は、多数の市場に関わっており、その複雑さに対処するために、多様なシステムニーズ、アプリケーションニーズがありました。こうした開発要件を広州と上海にある社内の開発センターで管理していましたが、ユーザーの要望は増加する一方で、3、4か月ごとに新しい機能拡張がリリースされ、業務がますます複雑で高コストになっていました。

ソリューション

GroupM社では、当初派遣されたおよそ20名のアバナードの専任ソフトウェアエンジニアとともに、Avanade Connected Methods(ACM)を使用して、新しいビジネスアプリケーションの開発と導入をサポートする、合理的なアプローチの導入を開始しました。ACMとは、繰り返し使用可能な共通の手法、プロセス、ツールを提供することで、ソリューション提供の方向性を示し、迅速化する強力な方法論です。

成果

同社は、新しいプロセスとソリューションを使用して、複数の市場に対応する社内アプリケーションをより簡単に開発し、更新できるようになりました。開発スピードだけでなく、開発の品質も飛躍的に向上し、リリースサイクルを短縮して、エンドユーザーが切望しているアップデートを迅速に提供できるようにしました。すでにいくつかのプロジェクトが、成功裡にリリースされています。

関連する事例

お問い合わせ

貴社でどのようなお悩みがあるか、まずはお聞かせください。お悩みを解決する最適なソリューションをご提案いたします。

お問い合わせフォーム
閉じる
Modal window
Contract
このページをシェア