Loading...

学生支援非営利団体 JA Worldwide:デジタル時代にふさわしいプログラムを若者に

プロジェクトの背景

世界最大規模の若者支援非営利団体であるジュニア・アチーブメント(JA Worldwide)は、100年にわたり、若者の雇用と若い起業家を支援してきました。100か国を超える46万5,000人以上のボランティアが、1,000万人以上の学生にサービスを提供しています。JA Worldwideでは、デジタル革命に学生が参画できるようにするため、最新テクノロジーをプログラムやオペレーションに導入し、テクノロジー開発の最先端にアプローチできるようにする方法を検討していました。

ソリューション

ジュニア・アチーブメントのグローバル・スポンサーを務めるアバナードは、今後3~6年間のテクノロジー戦略ロードマップをどのように策定するかについて、JA Worldwideのリーダーが最新テクノロジーをどう取り入れればよいか把握し、優先順位を付けながら進めていけるように、Xploreセッションを開催しました。

「テクノロジーとイノベーションを我が社にもたらしてくれたアバナードにとても感謝しています。」

Terry Stouffer氏 マーケティングおよびコミュニケーション部門責任者、JA Worldwide

成果

JA Worldwideは、Xploreセッションを経て、デジタル戦略を見直し、優先順位をリセットして、現在はデータ収集の課題に取り組んでいます。

関連する事例

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア