Loading...

オリジン・デジタル社の事例

現状

デジタルメディアを手掛けるオリジンデジタル社は、新たに資本を投ずることなく、トランスコーディング(ビデオなどのフォーマット変換)の処理スピードを上げしたいと考えていました。馴染みのある開発環境内で動的なスケーラビリティを手に入れるために、同社はMicrosoft Azure™プラットフォームで「Cloudcoder」という革新的なトランスコーディング アプリケーションを構築しました。

ソリューション

オリジンデジタル社はアバナードに依頼し、さらにアクセンチュアとマイクロソフトというパートナーからの協力も得て、カスタムトランスコーディング アプリケーション「Cloudcoder」を構築しました。このCloudcoderはクラウドサービスとして展開されています。つまり、インターネットを介して提供され、別の場所にあるデータセンターでホストされています。オリジンデジタル社の開発チームは、アバナードと共にAmazon Web Servicesおよび Microsoft Azureプラットフォームのアーキテクチャーとコスト構造を評価した上で、Microsoft Azureプラットフォームを選択しました。アバナードのチームは、新しいアーキテクチャーでのCloudcoderアプリケーションの設計と開発を支援しました。

成果

Microsoft AzureプラットフォームでCloudcoderを構築することにより、オリジンデジタル社はリアルタイムのスケーラビリティを手に入れ、管理とコストの削減、ならびに市場投入期間の短縮を実現できました。このアプリケーションにより、コンピューティングコストとデータベース管理時間が削減され、新しい地域の市場への参入も促進されました。

関連する事例

お問い合わせ

貴社でどのようなお悩みがあるか、まずはお聞かせください。お悩みを解決する最適なソリューションをご提案いたします。

閉じる
Modal window
Contract
このページをシェア