Loading...

RWE社:IT変革で再生可能エネルギー組織へと進化

背景

RWE社は欧州のエネルギサプライヤーで、2040年までのカーボンニュートラル実現のため、再生可能エネルギーに年間15憶ユーロを投資しています。この戦略には、RWE社のネットワークおよび個人向けビジネスをE.ONの再生可能エネルギー資産と交換することで、RWEは自身のITインフラを新たに所有せずに済ませることも含まれていました。

RWE社は新しいIT環境を構築、統合するために、マイクロソフトテクノロジーと、アバナードの専門知識と経験を利用することにしました。

「新しいクラウドベースの職場環境は、俊敏な企業を構築し、RWEがFuture Readyになるための基盤となるでしょう」

Edward Bouwmans氏 RWE社、インフラ責任者

ソリューション

アバナードのコンサルティングチームはまず、6週間の「健康診断」を実施し、RWEのオペレーションをより深く理解しました。次に、同社と協力しながら、幅広いIT戦略の主要なマイルストーンを定義しました。マイクロソフトの最新の革新的なテクノロジーを導入することで、RWEが再生可能エネルギー組織へと進化するための基盤を築きながら、17,000人の従業員のワークプレース体験 も刷新しました。

アバナードのコンサルティングチームについての詳細はこちらでご確認ください。どのようにお役に立てるかをご説明します。

関連する事例

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア